どもども、こんにちは。

いきなりですが、実はFP2級を持っている私です。

大学時代、何か役に立つかなぁと思って3級を取得し、社会人2年目では会社からお金がもらえるからと2級を取得。まさかその後、自分が投資やこのような記事を書くときに役に立つとは、当時全然思わなかったですねw

てなわけで、
今回は積立投資で出てくる「ドルコスト平均法」について書いてみたいと思います。

なんかたまに見ませんか?ドルコスト平均法というワード。どんな商品で積立を行うにせよ、基本となる考え方なので、是非覚えておくといいですよ!

 

スポンサードリンク

お金の勉強をはじめるなら!無料の「お金の教養講座」開催中です。

 

関連記事



 


ドルコスト平均法って?

ドルコスト平均法とは、『毎月一定額を買うことで、平均購入コストを抑える方法』のことです。

株も投資信託も外貨も、日々マーケットは変動しています。

例えば、毎月外貨預金をしようと思ったとき、1ドル100円の月もあれば、110円のとき、90円の時もありますよね。

なので毎月1ドルずつ買おうとすると、毎月購入額はバラバラです。(現実的にはもっと買うと思うけど、例として)
90円、100円、110円、120円…なんて上がっていった場合
結果として1年で1,300円くらいかかってしまうことも起き得ます。(ずっと100円なら年1,200円)

しかし、このドルコスト平均法で、毎月100円と定額を決めて購入すると、1ドル100円を切るときには、その分安く買うことができます。

例えば1ドル90円のときに100円分買うと、1.11ドル分買えてお得です。(勿論逆も然りで、1ドル100円を超えるときは、1ドル分買えないときもあります)

定額で買うことで安いときに割安で買えるため、バラバラで買ったときよりも安くドルを手に入れよう、というのがドルコスト平均法という考え方です。

メリットとデメリットは?

上記のように、安いときに割安でたくさん買うことができるため、上下ジグザグに変動するマーケットの中で、購入コストを抑えられるというのがメリットです。ただ、定額購入では安いときにたくさん買えますが、逆に高いときにはあまり買えないということになります。

そのため、マーケットが上がり続けているときは、最初にドカンと買ってしまったほうがお得ですし、逆に下がり続けているときは、最初に買った分はマイナスになるので、買わないほうがいいです。

ドルコスト平均法は『安いときにたくさん買って、高いときはあまり買わない』という戦略になるので、あくまでもマーケットが上下ジグザグに変動しているときに力を発揮する方法になります!

で、結局どう買えばいいの?

結局のところ、長期投資をするのであれば、ドルコスト平均法を利用した方が絶対に有効です。なぜなら、今上昇局面、今下降局面であっても、マーケットには必ず浮き沈みがあるからです。(ドルについても、リーマンショック後は1ドル70〜80円とかでしたしね。)

そして、機械的に購入するので、都度投資判断をする必要がないというのも魅力です。

Sponsored Link





わたしのやってるドルコスト平均法

ちなみに私は、投資信託と外貨を毎月定額購入しています。
合わせて5万円程度ですが、値が下がったときに残念がるのではなく、「よし!安くなったからたくさん買えるぞ!」という気持ちになるのも、定額積立の楽しいところだと思ってます。

まとめ

色々とお伝えしましたが、長期積立をするならドルコスト平均法を使って、定額で購入した方がいいと思います。上記で述べたように、変動するマーケットに対応できるし、「今月は高かったー…」とか毎回悩んだりしなくて済みますからね。5年10年〜の積立を行うなら、毎月定額の積立投資でドルコスト平均法を利用しましょう!

では今回はこのへんで。

ではでは!

 

スポンサードリンク

 

関連記事