どうもです!

先日の記事に引き続き、習慣化についてのお話です。

私達が物事を習慣にしようとするとき、意志の力だけでは継続が難しいと言われており、だからこそ行動のハードルを低くしたり、習慣化のための時間を設けるなどの仕組みづくりが意味を持ってきます。

<ライフハック>習慣付けをするために「フランクリンの13徳目習得法」を活用しよう!
習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。ウィリアム・ジェイムズの格言にあるように、人生を変えたいならまずは自分の習慣を変える必要があります。...

 

しかし一方で、例えばプロのアスリートの中には、仕組み作りがなくても意志の力だけで習慣を身につけている人が存在します。

自分の意志力だけで習慣化できる秘訣とは何なのだろう?実は簡単なテクニックを使うことで、意志の力自体も強くすることができることがわかっているのだよね。

 

スポンサードリンク

お金の勉強をはじめるなら!無料の「お金の教養講座」開催中です。

 

関連記事

 

意志力には3種類ある

健康心理学者のケリー・マクゴニカルによると、人間の意志力には

①「won’t(私は〜〜しない)」
②「will(私は〜〜する)」
③「want(私は○○のようになりたい)」

という3つの種類があり、①→②→③の順に大きくなっていくと言います。

意志力の強さを考慮した場合、「これから〜〜するぞ!」という意志で習慣化を試みるよりも、「○○になりたい!だから〜〜するぞ!」と捉えたほうが、より習慣化につながります。

つまり、自分に動機づけを行うことで人間の意志力は高まるというわけですね。

習慣化したいなら「なぜなら」を考える

このように、「want」を原動力にすると人間の意志力は向上します。

そのため、何か習慣化したいことがあったとき、「〜〜するぞ!なぜなら○○だから!」といった風に、動機づけをすることが有効なテクニックとなります。

・毎日筋トレするぞ!なぜなら、病気にならない健康な肉体が欲しいから!
・定期的にブログを書くぞ!なぜなら、会社に依存しない生活がしたいから!
・毎月積立投資するぞ!なぜなら、将来お金の心配をしたくないから!

といった具合に、なぜ自分がそれを継続するのか?を意識することで、意志力が強まり習慣を身につけられるはずです。

Sponsored Link




まとめ

以上、意志力を高めるための動機づけテクニックについてでした。

昔TEDトークで、サイモンシネック氏の「優れたリーダーはどうやって行動を促すか?」という動画をみたことがあり、その動画の中でも「行動を促すならWhyからはじめよ」と語られていました。

 

人間は動機づけすること(されること)で動く生き物です。

この習性をうまく用いて、自分が身につけたいことを継続していきたいですね。

 

 

スポンサードリンク

 

関連記事