今回は転職回数についての内容です。

20代だと転職経験ありの人は3割くらいだろうか。30代以降になるともっと増えますよね。2、3社経験しているなんて人も出てくるかもな。

ちなみに私は29歳ですが、過去2回ほど転職をしております。

私のように20代で3社目とかになると、『多っ!!』という反応になる方が普通なんじゃないかなと思いますが、個人的には、転職回数なんて気にする必要ないという価値観を持ってます。

20代で4社、5社経験してたとしても、全然いいんじゃないかと思っています。今日はそんな、転職回数についての考え方について、つらつら書いていきますね。

 

スポンサードリンク

 

関連記事



 

転職はあまり良くないという世間のイメージは確かにある

 さてそもそものところからですが、『転職=あまり良いことではない』というイメージってありますよね。特に若いときや、就業時期が短い場合。それは何故かというと、

『転職するなんて忍耐がない』
『普通は一つの会社に長く勤めるものなのに』

という印象があるからだと思っています。また、一度転職すると、その人はもう良い会社にはいけないというイメージが先行し、『転職しちゃったのか、しなきゃいいものを…』なんていう印象も持つ人もいるかもしれませんね。

以前別の記事で書いたんですが、まだまだ日本は転職についてネガティブイメージの方が強いような気がします。昔に比べたら勿論だいぶ変わったとは思いますが。そんなイメージがあって、何度も転職することって、やっぱりためらいはありますよね。

仕事は最低3年は続けるべき?
どうもこんにちは。キャリアについて、よくこんなことを言われたりすると思うんですよ。・最低3年は務めなきゃ・せっかく入社したんだから3年は働かないと・転職する...

 

自己嫌悪とのジレンマを感じてしまう?

 転職自体を悩んで悩んで、やっと決断して新しい会社に入ったとする。しかし、せっかく転職した先でも『なんか違うな』って感じたりすることってあると思います。そこでまた転職という選択肢を考えようにも、『また転職するのはどうなんだろう。一度転職してるし。これ以上するのはさすがに…。』といってためらうこと、想像できますよね。(転職経験者であれば、きっとイメージしてもらえるはず!)

確かに一般的には、2回目以降、特に入社して1年~数年のときに転職をすることに関しては、自分でも、下記のような想いを抱かれるのではないかと思います。

・忍耐力がない
・転職癖がついた
・違う環境でもまた繰り返すのでは
・どこにいってもうまく行かないのでは
etc.

どんどんネガティブワードが出てきますねw そんなジレンマもあり、今の環境に苦しみながら仕事をしている人、いるのではないでしょうか。安心してください、その悩み、解決していきましょう。

世間体より自分の価値観(目的)を重視すべし

 さて、そんなジレンマを抱えている状況についてですが、考えてやっぱり自分に合わないのであれば、転職回数なんて気にせずさっさと転職しちゃいましょう。

『でもまた同じことが起きたら…』
『自分に忍耐がないだけでは…』
『周りからの目が…』
『キャリアに傷がついてこれから先、転職先がなくなっちゃうのでは…』

色々と悩みが浮かんでくるかと思いますが、個人的にはそんなこと気にする必要はないよね、と思ってます。理由について、下記に書いていきますね。

Sponsored Link




また同じことが起きないか

転職癖、という言葉がマッチする現象かもしれません。転職を繰り返すと、次の会社もまたすぐに嫌になり、また辞めてしまうようになる…。俗に言うジョブホッパーですね。

これって、今と同じような環境にまた行ってしまうから、同じようなことが起きてしまうんじゃないかな、と思ってます。いわゆる失敗の転職になってしまっているケースですね。

なので、「何か違う」と思って転職をするなら、その「何か違う」という悩みが改善できそうな環境をちゃんと見極めて移る必要があると思います。

「今の環境は何が自分の価値観と異なるのか」、「どんな環境であれば自分の価値観に合いそうか」というところをしっかり考えて次の場所をチョイスすれば、同じことが起きてしまうという現象は防げますよ!

周りからの目が気になる

ここに関しては、シンプルに気にするなとお伝えしたいです。自分のための決断をするために、他人に言い訳をしても仕方ないですよ。

自分でちゃんと考えた決断なら胸を張っていいと思うし、本当の理解者ならわかってくれると思います。納得感を持っているのであれば、堂々としてればいいんです。

キャリアに傷がつくのでは

社数を増やすことで履歴書が傷つき、今後将来の転職活動に支障をきたすのでは、と悩む方もいると思います。確かに現実問題、社数が多いことで選考に不利になるケースもあります。

しかし、将来の転職するために今回転職を我慢して苦しむというのも、ちょっと変な感じがします。元々自分がなぜ転職をしたのかを考えてみると、やっぱり自分が納得できる場所で働きたいからだったと思うんですよね。

それを実現するための場所にきたつもりが、やってみてやっぱり違うと思うなら、それは当初の目的に沿って、やはり再度納得できる場所を探すべきじゃないかなーと。

大事なのはキャリアにおける目的だと思っています。もしこれからキャリアアップして大手企業にいきたいとかであれば別で、その場合はやはり社数を踏むのは得策ではないので、何年か我慢して実績を積む必要が出てくるかもしれません。(勿論会社によりますが、一般的に)

ただ、自分の納得する環境、特性を活かせる環境、働きやすい環境に移りたいと考えるのであれば、社数云々の前に、シンプルにその目的に沿って動いた方が良いと思います。

正直、社数が多くても転職先は多くあります。

※ただ、焦ってブラック企業に入ったりしてはダメですよ…!

転職を繰り返して成功した人たち

 上記のように、色々考えてしまうと思うんですが、かなりの転職を繰り返して、現在成功していたり、充実した生活を送っている人は実際にたくさんいます。

例えば、経済評論家の山崎元さん。現在は評論家として、また著者としてご活躍されていますが、過去には12回も転職をされているという猛者です…!

彼曰く、『早い段階で合わないと思ったら、さっさと移った方が良い』と語っています。

また、現在大手企業で事業部長をされている方や、マネージャークラスの方でも、20代のうちに半年や3ヶ月で会社を辞め、3~5社経験しているなんて人は結構多いんですよね。

まぁ個人的には別に大手のマネージャーになりたいわけじゃないんですけど、こういう活躍している人も、若いうちに色々と模索して、現在の輝けるフィールドを見つけることができたんだな、と考えると、自分の決断に希望を持てたりしますよね。

まとめ

少々長くなってしまいましたが、いかがでしょうか。悩んでいるときって、視野が狭くなってたりしますよね。でももっと広く色んなことや人を見てみると、実際に転職を繰り返した結果うまく自分の生きる道を見つけ出した、という例は多いもんなんです。

周りの目や固定観念にとらわれず、自分の目的に沿ってアクティブに行動していくことが大事だと思います。ただ、上記にもありますが、ブラック企業に入るなど、失敗の転職には気をつけましょうね。

ではでは!

 

スポンサードリンク

 

関連記事