こんにちは、しにち(@yurukashi_yrks)です。

GWも終わってしまいましたね。。私は特に旅行などせず、ブログを書いたり動画編集に挑戦したりと、比較的インドアな生活を送っていました。あっという間すぎた。。

【生産】ゴールデンウィークは生産活動!挑戦したいVlogとkindle本執筆について
どうも、しにち(@yurukashi_yrks)です!ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか!お仕事によっては連休じゃない人もいると思いますが、 私はありがたいことに1...

 

本についても何冊か読んだのですが、その中でも芸人のヒロシさんが書いた「働き方1.9」がおもしろく、1日で読了してしまいました。

 

「働き方1.9」は、一度は芸人として大ブレイクするも、その後人気が低迷し精神的に病んでしまったヒロシさんが 、ソロキャンプという自分の好きなことを発信し続けた結果、YouTuberとして返り咲いた経緯が描かれた1冊です。

 

 

そんな本書の一節には、「成功」と「無理をしない」の両立が大切だと書かれています。

この言葉には私もハッとさせられて、かなりの共感をしたため、ちょっと記事に残したいと思います。

 

★辛い仕事を抜け出す方法の一覧はこちら。

スポンサードリンク

 

関連記事

仕事は無理をしないことが大切である

「働き方1.9」にはこんな文章があります。

僕が考える「利益」とは、金銭面だけではなく、気持ちよく仕事ができることも含む。僕が最も重視することは「無理をしない」ことだ。

(中略)いくらお金や仕事が入っても、無理をすることはしんどいし、身がもたなくなる。

お金や仕事がほしいのは確かだけど、無理せずに気持ちよく生きていけることも、お金や仕事と同じくらい重要な「利益」ではないかと思うのだ。

引用:働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける

 

ヒロシさん、とっても良いことを言いますよね。

この意見には私も同感で、ただお金が稼げればいいとか、高収入だからいいわけではないと考えています。「自分にとって無理なく働ける内容・環境であるか?」という点は長期就業の上でとても大事です。

最近ちょっと仕事で無理をしていたので、初心に戻って行動しないとな…と再認識できましたね!

【仕事の探し方】ひろゆき氏に学ぶ「天職なんて存在しない」理論
こんにちは、しにち(@yurukashi_yrks)です!先日ひろゆき氏のこんな記事を発見し、とっても共感してしまいました。 「自分の天職を探したい!」という考えってみ...

Sponsored Link




「成功」と「無理をしない」が両立できれば理想の状態である

さらにこのように続きます。

スペシャリストとしてニッチな市場で成功することを目指せといったが、そういう生き方を続けていくためには、気持ちよく生きることが大切だ。

「成功」と「無理をしない」を両立させることはなかなか難しいと思うかもしれないが、好きなことを好きなようにやる姿勢を崩さなければ可能になる。

馬鹿らしくなっても、ついつい気がついたらやってしまっている。それが本当の仕事というものだ。こういうことは、対象が好きで、続けていることが気持ちよくなければ成立しないことである。

そんな状態で好きなことを気持ちよくやっている時には、金銭的な利益に振り回されないし、他人にバカにされても心が折れない。

つまり、自分の軸が、他人や外面的な評価などではなくて、自分自身に立脚しているのだ。

引用:働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける

 

本書では、「スペシャリストとしてニッチな市場で勝負すべきだ!」といった一貫した主張があります。まさにYouTubeの中でソロキャンプというニッチな市場で成功したヒロシさんならではの言葉ですよね。

そしてそれができたのは、無理をしないでやってこられたからなのだといいます。

成功できそうな市場で無理をせず続けられる。これが実現できれば理想ですよね。

まとめ

本書を読んで、「無理なくできること」を仕事にしようとあらためて実感できました。

無理なくできることを好きになれれば儲けものだし、そうならなくても、同時並行的に趣味や興味を増やして没頭できるものが見つけられれば、それが仕事に結び付くかもしれませんからね。そんなわけで、今の仕事についても、これから考え直す予定です…!

転職エージェント(キャリアコンサルタント)からリクルーター(採用担当)へキャリアチェンジすべきかを考える
はいこんにちは、しにち(@yurukashi_yrks)です!今回は転職系のお話です。私のいまの本業はキャリアコンサルタントで、いわゆる転職エージェントになります。企業担当...

 

他人の目を気にせず、自分の正しいと思える方向性に従って行動していきたいですね。

それでは、また!

 

★辛い仕事を抜け出す方法の一覧はこちら。

スポンサードリンク

 

関連記事