どうもです!

キャリアアドバイザーをしていて聞かれる質問の1つに、職種転換が挙げられます。中でも、営業職からマーケティングや企画職へのキャリアチェンジは可能か?といった質問は多いです。

営業は重要かつ面白い仕事である一方、日々の達成目標があるため、どうしても数字に追われる職種です。

「自分はいつまで営業続けるのか…。」「今はいいけれど、この仕事をずっと続けていくのは不安で…」といった声はよく聞きますし、また、「現場の仕事はある程度経験を積んだため、もっと戦略を考える立場にチャレンジしたい!」という意見もあると思います。

営業職からマーケティング・企画職へ、転職によって移ることはできるのか?

実際の企業の声や実例を踏まえ、ここでは書いていきますね!

 

スポンサードリンク

お金の勉強をはじめるなら!無料の「お金の教養講座」開催中です。

 

関連記事



 

人気のマーケティング・企画職

前提としてなのですが、マーケティングや企画職といった職種は、転職市場でも人気のある職種です。

メディアの影響で「企画職はかっこいい!」という華やかなイメージがあり、若手層には当然人気があります。また、キャリアの観点からも「専門性が高い」という理由で、若手に限らず人気が高いのです。

なりたい人が多いマーケ・企画職ですが、一方でそれに比べて企業側のポジションニーズはそこまで多くありません。自社の組織を想像してもらえばわかると思いますが、やはり顧客に近い営業職の方が人数は多いですからね。

このようにマーケ・企画職は、未経験者を含めると需要と供給がマッチしていないポジションとなっています。競争率が高いってことですね…!

営業からマーケ・企画職への転職は可能。しかし難しい!

では、そんな需給構造のマーケ・企画職に、未経験の営業職から移れるのか?というと、結論は「移れる」です。

実際に私の担当している企業でも、ポテンシャルで営業職の人間をマーケとして採用した例は結構あります。その際、転職を成功させた人が評価されたポイントは、「自頭の良さ」「論理性」「数字に強いか」など、頭を使って戦略立案・実行ができる能力でした。分析能力や数字感覚を備えていれば、未経験でも十分にチャレンジができるということです。

私も前職にて企画職経験がありますが、営業職とマーケ・企画職では使う頭の筋肉が違うな、と感じます。仮に営業で群を抜いた成績を出している人でも企画職ではうまくパフォーマンスが出せない場合もあるだろうし、逆もまた然りだと思います。

経験上、やはり数字に強い人の方がマーケ・企画職に合っている気がするので、そういった能力がアピールできないと、マーケ・企画職への転向はなかなかハードであると言えそうです。

Sponsored Link




マーケ・企画職が「花形で良い仕事」であるとは限らない

少し余談ですが、企画職を経験した身から言うと、マーケ・企画職は良いことばかりではないと思います。企業の花形(イメージ)で、キャリアとしても専門的で食いっぱぐれがない印象ですが、その分、実際の仕事では営業職とは違ったタフさが求められます。

具体的に言うと、納期内にいくらでも考えることができるので時間的な終わりがなかったり、単納期だとしても何かしらの分析・結論を導かなければならなかったり(ゆえに超残業が必要)、「なんとなく」が通用せず必ず論拠が必要だったり(当たりまえだけどw)。

くだけて言うと、マーケ・企画職は営業職と比べてゆるさがなくなってくるのですよね。もちろん企業によって異なるし、一概には言えないのだけど、「営業の方がよかった」という意見があるのも事実です。

ちなみに私は経営企画でしたが、人不足で事業分析や企画、資料作成をほぼすべて自分でやらなければならなかったので、カオスでした…。そんな当時の自分よりも、さらに大量の仕事をこなしているマーケターの人に会うことがありますが、よく仕事回せているな…!と尊敬しますね。まぁ案の定、家にあまり帰れないと話す人が多いですが。。笑

上記のような忙しさや難しさも伴うので、イメージだけでマーケ・企画職を目指すのはあまりおすすめしないですね。

マーケ・企画職へ移りたい人のための現実的な方法

マーケ・企画職の良さや実態について書いてきましたが、それでもチャレンジしたい!という方へ、現実的な方法をお伝えできればと思います。

上で書いたように、未経験者にとってはマーケ・企画職はライバルが多く、また数字の強さが求められるので、相当競争率が高く、難しいことがわかったと思います。

転職活動にてマーケ・企画職にチャレンジし、その結果もしも成功しなかった場合は、今の会社で営業職のままチームや部署の戦略を考える業務などに積極的に携わり、企画の仕事経験を積むことが得策です。

マーケ・企画職は未経験者にとって倍率も難易度もかなり高いですが、少しでも企画の仕事経験があれば、その他大勢から抜け出すことができ、一気に有利になるからです。

また、営業職から徐々に企画の仕事ができるようになれば、今の会社内でマーケ・企画職への異動が現実的になるかもしれませんからね。一気にマーケティング・企画職ポジションを狙うのではなく、業務レベルで企画のキャリアを積めるよう、行動に移してみてください。

まとめ

以上、営業からマーケティング・企画職にキャリアチェンジしたい人へのアドバイスでした。

求める職種に移るためには、実は転職だけが方法じゃないのですよね。時間を使って必要なスキルを自分で培うもよし、現職での異動を検討するもよし、少しずつキャリアをずらしていくのも良し、といった感じで、いくつかの方法を検討すると有効ですよ。

マーケティング・企画職につきたい!という人はよかったら参考にしてみてね。

 

関連記事です。

・転職活動全般について、個人的な見解をおまとめた記事です。焦って転職せず、自分の中での成功を定義すべきだと思っています。

<キャリア>キャリアアドバイザーが考える、転職を成功させるために覚えておきたいこと
どうもこんにちは。今ではキャリアアドバイザーをしている私ですが、もともとは大手金融企業に勤めていて、定期的にその時の同僚とお酒を飲む機会があります。社会人と...

 

 

スポンサードリンク