元手資金0から積み立て投資ができるだと…?

投資の第一歩としては、少額からの積み立てだったり、確定拠出年金だったり、おつり投資だったりと、色々なものがありますよね。

そんな中で先日、「元手0から積み立て投資ができるサービス」というものを発見。何やら仕組みがおもしろそうだったので、ちょっと調べてみました。

今回はそのサービスをご紹介しますね。

 

スポンサードリンク

お金の勉強をはじめるなら!無料の「お金の教養講座」開催中です。

 

関連記事



 

元手0から積み立てができるサービス「マネーハッチ」

見つけたのはインヴァスト証券が運営するマネーハッチ(Money Hatch)というサービス。

「元手資金0」というワードがキャッチーで、仕組みとしてはクレジットカードのポイント分を自動で積立投資してくれるというものです。

同社が発行するクレジットカードを作って利用すると、利用額の1%が投資元本として還元され、それをインヴァスト証券経由で投資の積立に充ててくれる、といったサービスです。

クレジットカードのポイント分が勝手に積立投資に充てられるわけなので、利用者の負担は0円となり、これが「元手資金0」の理由となります。

確かに投資の入り口として安心だし、最初の一歩が踏み出せない人からすると、自動で勝手に積立投資ができるサービスって魅力的だよね。仮にマイナスになっても買い物のついでに貯まったポイントなわけだから、精神的ダメージは少ないだろうし。

ちなみにクレジットカードは何でもいいわけではなく、JACCSカードが発行する専用のインヴァストカードを利用する必要があります。

年会費は初年度無料、次年度から1250円がかかりますが、1度でも利用すれば年会費は無料になるので、メインカードとして利用するなら問題ないですね。

投資先は国内外のETF

インヴァストカードで購入した分の1%が自動的に積立されるけれど、投資先はどこになるのだろう。

マネーハッチのホームページを見てみると、運用は「トライオートETF」(マネーハッチ独自の商品)という商品を通じて国内外のETFへ自動積立されるようです。

サービス利用時にリスク型、バランス型、リターン型の中からコースを選び、そのコースで決められたETFが自動的に購入されていくのですね。

>トライオートETF銘柄一覧

 

見てみるとACWI(全世界株が対象のMSCIオールカントリーワールドインデックスに連動)やSPY(アメリカのS&P500に連動)、VWO(新興国株対象のFTSEエマージングマーケッツに連動)などの有名なETFも含まれています。

通常これらのETFはある程度まとまった資金がないと買えないので、カードのポイント分でこのように世界全体やアメリカ、新興国のETFに自動で投資してくれるのって、なかなかすごいと思う…!

Sponsored Link




現金支払いはないが運用手数料はやっぱり高め

またETFは通常、積み立て購入はできません。(SBIやマネックスでも現状はない)そのため、ETFを自動で積み立ててくれるというだけでも価値がありそう!なんて思うのだけど、一方でコストも重要ですよね。

このマネーハッチはクレジットカードのポイント分で投資が行われるので、現金の支払いは発生しません。しかし、いわゆる信託報酬のような目に見えない手数料はどれくらいなのでしょうか。

コストについての説明では、このような記述があります。

買い付け手数料なし、両替手数料なし、資産に対して年間報酬1%を日割りで計算。分配金は、米国の課税分30%を除いたものを発生日のドル円レートで円転し、再投資する。

 

買付手数料、両替手数料は無料(ちなみに元本為替リスクは0になっているらしい)ですが、年間1%の運用報酬がかかってきます。ETFの良さは信託報酬が0.1%前後の低コストな点にあるので、普通に考えると年間1%というのはやはり高いですね。

また、NISAを使った節税もできないため、海外ETFを買うのなら現地課税10%と通常の配当課税20%、合計30%がフルで取られてしまいます。

もし自分で海外ETFを購入した場合は確定申告で現地課税分の還付が受けられますが、マネーハッチではそれができないのですね。 分配金は二重課税をもろに受けるので、自動再投資による複利の効果が弱まってしまうわけです。

 

…とまぁ、コストについてシビアに書いたものの、自分でやるよりこういったサービスのコストが高いのは、当然っちゃ当然なんだけどね。

投資に抵抗感がある人やポイントで投資したい人にはおもしろいかも

さて、コストは高めなものの、通常のクレジットカード利用で元手0から投資ができるマネーハッチというサービスは、投資を始めたいけど怖くて手が出せないという人にとっては良いかもしれません。

自分で投資をしようと思ったら、もちろん自分の貯金から1万~数万円くらいは用意しないといけないわけですからね。

繰り返しになりますが、マネーハッチは自己負担0でスタートできるので、気軽に投資に触れたいという人には向いています。

そして既に資産運用を始めている人にとっても、通常の資産運用とは別にカードのポイント分も投資に回したいという場合は、結構おもしろいサービスと思いますよ!(ちなみにマネーハッチを利用するにはインヴァストカードの申し込みと一緒にトライオートETF(インヴァスト証券)への口座開設が必要です。)

>マネーハッチ(Money Hatch)

 

ここ最近は投資に関する新しいサービスがたくさん出てきています。中には手数料がすんごく高いサービスとか、内容が複雑でよくわからないものもあるけれど、一概に否定から入るのではなく、しっかりと吟味して賢く利用していきたいですね。

 

関連記事です。

・少額からでも投資に触れてみると色々わかってきます。自分も最初は10万円の元手でわけのわからない投資信託を1万円ずつ買った経験があります。笑

月1,000円の少額からでもOK!社会人のためのお小遣い投資のすすめ
どうも、こんにちは。投資に興味はあるんだけど最初の一歩がなかなか踏み出せない!…なんて人は、結構いるのではないだろうか。投資と言うとまとまった資金が必要なイメ...

 

・少額ですが、実は外貨積立もやっています。様々な国の通貨をチェックする習慣がつくのがメリットだと感じます。

<お金>世界経済に興味を持つための外貨積立という選択
資産形成として投資信託をメインに運用している私ですが、地味に外貨積立も継続中です。通貨としては米ドル、ユーロ、豪ドル、スイスフラン、ブラジルレアル、人民元の6...

 

・上記に関連して、「500円貯金」よりも少額積み立ての方が運用的にも知識的にも良いよ!という記事です。

<投資/貯蓄>500円貯金をするならワンコイン投資の方が絶対に良いと思う
私のまわりでは500円貯金をしている人が結構います。500円貯金とは、貯金箱を用意し500円玉が手元に入ったらすべてその貯金箱に入れるという貯蓄方法で、実際「1年で20...

 

 

スポンサードリンク

 

関連記事