ヤフーが週休3日制の導入を検討しているようで、何かと話題になってますね。
 
週休3日制、ヤフーが導入検討 働き方を多様に
 ヤフーは24日、約5800人の全従業員を対象に週休3日制の導入を検討していることを明らかにした。働き方の多様化を進めることが目的で数年内の実現を目指す。週2日の...
 
ヤフーの週休3日制導入が良いことずくめである理由
ヤフーが、全従業員約5800人を対象に週休3日制の導入を検討しているという。筆者は強く支持する。ヤフーの社員は、生産性を上げながら、自分の人生をより濃く楽しむこと...
 
 
さらに在宅勤務推奨や、新幹線通勤の交通費上限を15万円まで引き上げるなど、多様な働き方の実現を目指してる模様。
 
 
 
これはいい!個人的にも大賛成。もっとこういう企業が増えればいいのにと思います。
 
でも、これまでもノー残業デーとか作ったけど実態はあまり浸透してなかったり、どこかに支障が出たりしたのを見ているわけで、本当にうまくいくのかな?と正直疑問はあるわけです。手放しで喜んで良いのか?と。
 
なので、今回はこの週休3日制の導入をするとどうなるのかというのを、個人的に考察してみました。
 
今回もゆるりとご覧ください。
 

 

スポンサードリンク

 

関連記事



 

会社のルールや仕組みが変わる?

%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%ab
 
さぁ、週休3日制を導入するぞ!と意気込んでも、現場の業務量は変わりません。週休3日ということは、年間でいうと約50日くらいの労働量が減るってこと。
 
これ、会社にとっては大打撃ですよね。
じゃあどうするかというと、
 
①社員の生産性をあげる
②業務の無駄をなくす
 
という動きにどうしてもなりますよね。
 

①社員の生産性を上げる!

生産性を上げるためには、きっと方法とかルールを変えるようになるんじゃないかなーと思います。
 
例えば営業だと、単純に仕事量と売上が比例するなら、週4日労働の場合は従来の80%しか売れない。
 
だから、量じゃなくてやり方を変えて生産性を高めるのが必須になりますよね。そのやり方というのを会社で考えて、それをルールにする。それがうまく回れば、生産性はあがるのではなかろうか。
 
 
あとは研修制度を充実させて、社員の能力の底上げを図る。わからないことを考えたり調べたりして、業務に時間を費やしているケースって結構多いと思うんですよね。
 
 

②業務の無駄をなくす!

あとは業務の無駄をなくすための取り組み。
 
会社や部署によって、効率化の方法は異なると思うけど、例えばより早く業務を処理してくれるようなシステムを導入したり。あとは、1つの案件を個人に丸投げするのではなく、チームで管理するようにしたりなど、仕組みを変えるようにする。そんな動きがでてきそうな気がします。
 
 
 

個人の働き方も変わる?

%e5%83%8d%e3%81%8f
 
上記でも触れましたが、仕事量の減少を補うために、おそらく会社は業務をシステマチックにして、複数でフォローをする体制を作らざるを得ないと思うんです。
(1人に任せると、何かあったときフォローがきかなくて余計な仕事が増えるから)
 
つまり、1人に仕事を抱え込ませず、みんなで管理・共有するような仕組みが多くなりそう。
 
これによって『自分だけがわかっている仕事』がどんどんなくなっていくため、人によっては他の人とシェアすることにストレスを感じたりするかもしれないですね。俺の進め方でやらせろ!的なw
 
 
あとはやっぱり、限られた時間で成果を出すことが求められるから、個人レベルでも仕事のやり方の工夫も必要になってきますよね。(め、めんどくさいなぁ
 

結局良いのか悪いのか

%e9%a2%a8%e6%99%af
 
個人的には、絶対に良い取り組みだと思います。
 
上記のように、時間が減ることでこれまでとは異なる動きをしなくてはならないから、その変化にストレスを感じることはあると思います。
 
また、短時間で生産性を求められることでよりプレッシャーに感じることも出てくるかもしれません。
 
でもそれって、変化に伴う短期的なストレスであって、長い目で見れば慣れるはず。結果的に勤務時間は減るし効率も良くなるわけだから、やはり総合的に良いのではないかな。
 

Sponsored Link




今後の動きについての予想と期待

%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%bf%e3%83%ab
 
今回話題になったヤフーですが、ユニクロを運営しているファーストリテイリングも、既に勤務時間削減の取り組みを実施しています。
 
実はこのようにワークライフバランスを推奨している会社って割と存在していて、例えば資生堂から派生した株式会社ワーク・ライフバランスという会社があります。
企業に対するワークライフバランス実現のためのコンサルティングをしている会社です。
 
 
最初は資生堂社内での1プロジェクトとして行われていたのですが、反響があって事業化しよう!という話になり立ち上がったんだとか。なので社長は元資生堂の方です。
ちなみに社長美人なんだって。うん、素晴らしい会社だ。
 
 
 
こんな風に、ワークライフバランスを推奨する会社が多くなって、世間の関心が高まるほど、他の企業も追随してくる。そうなれば、週休3日制が当たり前になるはず。
 
 
 
ここからは個人的な希望だけど、日本ももっとゆるい社会になればいいのになぁと思います。
 
 
今って、周りが働いているから、自分も働かないとダメだ、みたいな雰囲気が漂ってますよね。日本人は右向け右の精神があるから、それも働き過ぎ社会に拍車をかけてる気もするし。
 
だから、こういう制度によって、そんなに働かなくていいんですよという雰囲気が当たり前になれば、無理して働くこともなくなって、ストレスも減るんじゃないかなぁ、なんて考えてます。
 
日本の企業よ、もっとゆるくなってくれ。
 
 

まとめ

 
・週休3日制の導入で、企業は生産性を上げたり業務効率化をすることが必須になる
 
・それに伴い社員の働き方も変わり、1人の仕事からみんなの仕事に変わりそう
 
・生産性を求められたり、短期的な変化のストレスはあるけど、慣れれば自由な時間が増えるから総合的にはやっぱり良さそう
 
・週休3日制は、働きすぎない社会作りに貢献すると思う
 
 
 
上に書いたことはあくまで個人的な考えで、もちろんデメリットもあると思う。けど、きっとプラマイでプラスになるはずだから、どんどん色んな会社に導入して欲しいですね。
 
最後にもう1度。
日本の企業よ、もっとゆるくなってくれ。
 
 
ではでは!