都会にそびえ立つ高層タワーマンション。
綺麗な夜景と充実した設備。
 
「住んでみたいなぁ…。」
 
なんて1度くらいは思ったことありませんか?
 
自分の住んでいる武蔵小杉には駅周辺に5、6棟建っていまして、やっぱり設備もいいし、みんなが憧れる理由はわかります。
 
 
 
そんなタワーマンションですが、一体どのエリアが活況なのかって知っていますか。それこそ今は武蔵小杉とかが一番人気なんじゃなかろうか、と思ってふと調べてみたんですが、実は違っていました…!てなわけで、これからタワーマンションが増えそうなホットエリアについて、調べたことをまとめますね。
 
タワマンに住む予定の人や興味がある人は参考にしてみてくださいませ。
 

 

スポンサードリンク

 

関連記事



 

 

都心部にタワーマンションはどれくらいある?

 
株式会社不動産経済研究所の発表した『超高層マンション市場動向2016』によると、2006年からの累計で、首都圏でのタワーマンション(20階建以上)完成数は、なんと437棟もあります!
 
そして2016年以降に完成予定の首都圏のタワーマンション数は145棟・6万5012戸で、そのうち東京23区内は92棟・4 万5577戸だそうです。
 
全国におけるその他の地域では、近畿圏は45棟・1万3984戸。福岡県14棟・2837戸、兵庫県6棟・1717戸 、北海道5棟・1579戸、愛知 県8棟・1539戸、広島県3棟・1182戸とのこと。
 
 
そんなにあるんか…という感じですね!
 
 

2016年度以降にタワーマンションが増えるエリアランキング

 
さて、同社の調査では2016年以降に完成するエリア別のタワマンの数についても発表されておりました。ここではそのエリアをランキング形式でお伝えします。
 
7位:渋谷区 6棟 1657戸
%e6%b8%8b%e8%b0%b7
 
渋谷ってタワーマンションあったっけ!?と思いましたが、ハイソなエリアである松濤、代官山がここに当てはまります。確かに渋谷の奥の方にいくと、チラホラあったような気もするな。そして笹塚初台などにも結構あるようです。
 
ざっと調べた家賃相場はこんな感じでした。
■家賃相場
1K11万~、1DK16.5万~、2LDKで27万~
 
 やっぱり高いですねえ…!
 
5位(同数):新宿区 9棟 6602戸、川崎市 9棟 4811戸
%e6%96%b0%e5%ae%bf
 
%e3%82%80%e3%81%95%e3%81%93
 
私が予想した武蔵小杉がある川崎市は、新宿区と並んで5位でした!ここからさらに9棟も予定されてんのかい…。人はまだまだ増えそうですわ…。
 
新宿もすごいんですね。確かに都庁前とか、西新宿エリアにはオフィスビルと並んで高いマンション多いですもんね。
■家賃相場
・新宿1K11万~、1LDK18万~、2LDK20万~
・川崎1K9万~、1LDK16万~、2LDK20万~
 
 渋谷区よりちょっとだけ安い感じかな?
 
4位:横浜市 10棟 3909戸
%e6%a8%aa%e6%b5%9c
 
都内ほど人で混雑していないにもかかわらず、便利で綺麗な街、横浜。みなとみらいとか景色素晴らしいですよね。やはり横浜需要は高いということでしょう。
自分も昔ちょっと住もうか考えたことありますし、友人でも横浜住みの人は何人かいますしね。納得です。
■家賃相場
1K10万~、1LDK15万~、2LDK20万~
 
家賃的にも都心ほど高くないのも魅力ですよね。
 
3位:品川区 14棟 5655戸 %e5%93%81%e5%b7%9d
 
3位は品川区。品川もビルばっかりのイメージしかなかったのにタワーマンション多いのねー!大崎、五反田もこのエリアに入るから、そのへんに多く人が住んでるんでしょうね。
■家賃相場
1K15万~、1LDK21万~、2LDK26万~
 
 
2位:中央区 14棟 12481戸 %e4%b8%ad%e5%a4%ae%e5%8c%ba
 
2位は中央区です!
そもそもこのエリアって人住んでるのね!?なんて思ったら、勝どき、月島あたりがこのエリアに該当しますね。海沿いのあのへん、友人も住んでたりしてるし、確かにたくさんマンションあったわ!と思い出しました。
 
オリンピックに備えて再開発が進んでいるエリアだけあって、きっと居住需要も高いのだろう。景色も綺麗そうですしね。ちなみにいま話題の豊洲は江東区です。
■家賃相場
1K13万~、1LDK14万~、2LDK22万~
 
 
 
そして堂々の1位は…!
 
1位:港区 20棟 6446戸

%e6%b8%af%e5%8c%ba

活況なエリア第1位は港区でした!港区といえば、六本木、赤坂、芝浦、御成門あたりが該当します。地名を聞いただけでも高そうですねぇ。芸能人や企業の重役なんかも住んでそう。。(庶民の発想)それにしても、これからさらに20棟ってすげえ。
 
家賃についてはこんな感じ。
■家賃相場
1K14万~、1LDK20万~、2LDK24万~
 
やはり他のエリアよりはちょっと高いな。てか相場なだけで、もっとハイグレードなお部屋はまだまだあるのだろう…!
 

Sponsored Link




これから人気が出そうな注目エリア

%e4%b8%8b%e7%94%ba
 
さて、もう少し長期的に見たときに注目されそうなエリアって他にあるのだろうか。調べてみたら、『下町エリア』が注目されているんだそう。
 
下町エリアとは、こち亀なんかでお馴染みの葛飾区など、東京の東側のエリア。
 
現在でも既に葛飾区、足立区、台東区で合わせて9棟のタワーマンションがあるそうです。他のエリアに比べて価格が安いことが特徴で注目を集めています。調べたら2LDKでも15万~でした。(ただ、ファミリーが多いからか、1Kの物件は少ない印象がありましたが)
 
特にシティータワー金町が人気らしいですね。これからも開発が続きそうな気がします。なんだかんだアクセスも悪くないし!けど、昔ながらの景観とかいいのかな?と個人的に思ったり。
 

まとめ

 
・都心部には400以上のタワーマンションがある
・2016年以降これからホットなエリア1位は港区
・葛飾などの下町エリアはお得で人気が出そう
 
 
そんなわけで、今回は都心のタワーマンションについて調べてみました!
 
憧れは勿論あるのだけど、やっぱり住むとなったら高いよなぁー。個人的には固定費は投資に回したい派なのだけど、タワーマンションに住むことも1つの自己投資と言えるかもしれないですね。
 
みなさま、タワマンに住んだら是非私を招待してください!
 
ではでは!
 
 
 

 

スポンサードリンク

 

関連記事