どうも、しにち(@yurukashi_yrks)です!

今回の記事は以前書いた「子育て1人分の資金は実際いくら必要なのか調べてみた」の延長で、子育て1人分の必要額を貯めるための日々の貯蓄額についての内容です。

以前の記事では、「小学校(国公立)→中学校(国公立)→高校(私立)→大学(私立文系)」に行かせると想定した場合、合計で1324.1万円かかる計算となりました。

(内訳)
・小学校(国公立):193.2万円
・中学校(国公立):143.4万円
・高校(私立):312.0万円
・大学入学時(私立文系):106.7万円
・大学(私立文系):568.8万円

※公立、私立での詳細な学費が知りたい方は以前の記事をご覧ください。

 

「1人育てるだけでもめっちゃお金かかるな!?」と驚愕したわけですが、とはいえそういったデータを頭に入れつつ、今のうちから賢くできる限り準備をしておくことが重要ですよね。

ということで今回は、子ども1人の教育資金を作るために、月々どれくらい貯めればいいのかについて、調べた内容をまとめていきたいと思います。

投資信託積み立てを利用したケースで考えているので、これから子育て資金を貯めていくという方は、よろしければ参考にしてみてください。

※ちなみにシミュレーションとしては上記の通り「小学校(国公立)→中学校(国公立)→高校(私立)→大学(私立文系)」で想定しています。家庭によってはそれより少なかったり、逆に多かったりすると思いますのでご了承ください。

 

★お金の心配をなくす方法の一覧はこちら。

スポンサードリンク

 

関連記事

教育資金を貯金で作ろうとすると月6.2万円貯める必要がある

さて、「小学校(国公立)→中学校(国公立)→高校(私立)→大学(私立文系)」というルートをたどる場合、前述の通り1324.1万円が必要となります。

この額を普通に貯金しようとすると、月々約62000円の貯金が必要です。(1800万円÷大学入学までの18年間÷12か月≒61300円)

月6.2万円の貯蓄って…結構ヤバいですね!(爆)

さらに幼いときは保育園代もあるし、自分たちの老後資金も貯めないといけないわけですから、そんな中で6.2万円も貯金するのはかなりしんどいと思います。

実際、ソニー生命が実施した「子どもの教育資金に関する調査2019」によると、子どもの進学費用のための月々の平均支出額は17,474円だそうです。ちなみに3万円以上の回答は全体の20%ほど。

こう考えると、月に6.2万円を将来の教育資金のために貯金するってインパクトありますね…。

もちろん問題なく貯金できる家庭もあるのだろうけど、一般的にはかなり高い金額な気がします。。

投資信託で教育資金を作る場合の想定

貯金だけで教育資金を作るより、投資によって資金を作ったほうが当然リターンが見込めます。

1年や数年スパンで見れば貯金のほうが安全に貯められて良いのですが、10年以上ある長期での資金作りであれば、投資信託積み立てによる資産形成のほうがメリットが大きいです。

では投資信託の積み立てを行う場合は、月々どの程度の額になるのでしょうか。ここでは下記のような仮定で考えてみました。

【各ステージ用の貯蓄手法と期間】
★小学校
→10年以内に使い始めるので貯金で積み立て。

★中学校
→10年以上先に使うので、0歳~12歳になるまでの間、投資信託にて積み立て。

★高校
→10年以上先に使うので、0歳~15歳になるまでの間、投資信託にて積み立て

★大学入学時の費用と学費
→10年以上先に使うので、0歳~18歳になるまでの間、投資信託にて積み立て

【投資信託運用の前提
全世界株式インデックスに連動する投資信託で利回り4%を想定。

 

投資信託でのシミュレーションですが、比較的早めに使うことになる小学校用の資金作りだけは貯金で想定してみました。(安全性を考慮する意味では、国債でもよいと思います。)

中学校からは10年以上先のことなので、投資信託での資金形成で考えます。

Sponsored Link




投資信託での教育資金作りでは毎月いくら必要か?

このような想定でいくと、それぞれのステージのための積立額は下記の通りとなります。

★小学校(国公立)で必要な額:193.2万円を12年間で貯金

→1932000円÷12年÷12か月=毎月約13147円の積み立てが必要。

 

★中学校(国公立)で必要な額:143.4万円を中学に入るまでの12年間で運用

毎月8115円の積み立てが必要。

 

★高校(私立)で必要な額:312.0万円を高校に入るまでの15年間で運用

毎月13373円の積み立てが必要。

 

★大学入学時の費用と学費(私立文系):106.7万円+568.8万円を大学に入るまでの18年間で運用

毎月22806円の積み立てが必要。

 

そして、これらの結果を表にまとめたものがこちらです。

 

どうでしょうか!

最初のほうでは毎月約58000円の積み立てとなり、貯金する場合の62000円とそこまで大きくは変わりませんが…、子どもが中学校に入ってからは約36000円に減り、高校に入ってからは約23000円で済むようになります。

複利は時間が経てば経つほど力を発揮するので、その特徴が、教育期の後半に表れているということですね!

…とはいえ、正直投資をすればかなり楽になると思っていたのですが、小学校~大学までの資金を切り分けて考えると、初期のほうでは貯金と同じくらいの金額が必要になるというのは盲点でした…。

うちは不労所得作りのために毎月10万円ETFを買っているので、それとは別に毎月5.8万の積立というのはかなり負担が大きいです>< 

家計を見直したり今ある資産をどう充当するかなど考えて、うまくやりくりしないとですね…!

Sponsored Link




まとめ

以上、子ども1人の教育資金を作るために月々どれだけ貯めればいいのかについてお伝えいたしました。

「子どもが小さいうちはそんなにお金かからないから楽勝だよ!」といった声を友人からよく聞いていたのですが、今回自分で調べたことで、もし将来私立入学を想定するならば、子どもが小さい時期も油断せずに将来のための積み立てが必要なのだなとわかりました。

今のうちから知れて良かったと感じています…!

ただ冒頭で書いた通り、教育資金のための平均支出は約1.7万円であり、今回のケースは高校から私立という、若干費用高めのシミュレーションをしているので、全員が全員当てはまるものではありません。

また複利効果を使うために早い段階から資金を積んだ想定にもなっていますので、人によっては後半に積立額を増やすという方法もアリだと思います。

教育方針や周りの援助状況によっても積立額は変わってくるため、あくまで1つの例として参考にしてみてくださいね。

それではまた!

 

★お金の心配をなくす方法の一覧はこちら。

スポンサードリンク

 

関連記事