どうもです。

今回は経済的自由を目指す理由やスタンスについて書いております。

なぜ自分がいま投資や副収入の取り組みをしているのか、という根幹にもなってくると思うのだけど、こうして書いておくだけでも意識としては大事だったりしますからね。

お暇であれば、しばしお付き合いくださいませ。

 

スポンサードリンク

 

関連記事



 

自由になる>大金持ちになる

現在、経済的自由のための行動として投資をしていますが、投資をするというと、将来贅沢をするためとか富裕層になるためとか、かなりのお金持ちになるために行う!というイメージがあるかもしれません。

しかし、私は大金持ちになるために投資をしているわけではなく、ストレスなく自由に生活することを目的として投資をしています。

「貧乏暇なし」という言葉がありますが、お金がないことで自分の時間を切り売りしたり、精神的に負担のかかる勤労を余儀なくされる状況は避けたい!という想いが昔からあるのですよね。やりたいことができたときにお金を理由にその選択を放棄したくない、とも言えるかと思います。

目標はワークライフバランスと複収入の実現

経済的自由を目指すものの、お金のために自分を犠牲にして体調を崩したり時間を失くしてしまうのは、個人的に少し違うと思っています。(人によっては数年間集中的に働いて資産を築くという方法を取る人もいるけれど。)

さらに現代は個人の時代と言われるように、昔よりも多様性のある生き方ができるようになってきました。そのため、これまで普通とされてきた「会社に依存してガムシャラに働く」という選択を取る必要はなく、そもそもこれまでの固定観念に縛られる必要もないわけです。

そのため私の目標としては、会社に依存することなくストレスが極力少ない(自分に合った)仕事をし、本業に加えて投資やセカンドワークによって収入を複線化していきたい。そうすることで、経済的な不安から解放されながら生活するというのが今の理想です。

ワークライフバランス×パラレルキャリアという働き方が戦略的に最強だと思う
横文字ばかりのタイトルになってしまいましたが…。会社で仕事をする中で「どう働くのが一番幸せなんだろう」なんて話題がたまに挙がります。私の会社は仕事人間が多く、...

 

一気に稼いで資産を築くというスタンスではないので、この方法を取るためにはストレスなく自分が続けられる仕事を見つけられるかどうかが重要です。継続的に本業から収入を得ていくためにも、自分にとってどんな仕事が合っているのかは、しっかり考えてみると良いと思います。

<自分語り>そんなに嫌ならやめちゃえば!転職歴2回の私が思う仕事についての価値観をまとめてみる
どうもこんにちは。私先日30歳になったのですが、すでに過去2回の転職を経験しています。30歳で2回転職というのは多いと感じるかもしれないけど、今振り返ってみて1ミリ...

 

 

Sponsored Link




もし経済的自由、ストレスフリーの生活が手に入ったら?

さて、これは将来の話だけれど、もしも働かなくても大丈夫なくらい資産が貯まったら自分は何をするかちょっと妄想してみました。とりあえず思いつくままに書いてみますね。

・読書にふける
・温泉巡りする
・各国を旅行する
・ジムに通う
・釣りをする
・語学の勉強をする
・美味しいもの巡りをする
・山登りをする

…こう見ると今からでもできることばかりですが。笑 ストレスがない中で時間と気持ちに余裕を持って行うことに価値があるのかもしれません。

また、自分にとってのライフワークがあれば、仮に経済的自由を手に入れても続けたいですね。

 

関連記事です。

・経済的自由とはどんなものか?自分なりの意味や目指す理由をあらためてまとめています。

経済的自由ってなんだろう?経済的自由とそれを目指すべき5つの理由
はい、こんにちは。日々、ゆるくかしこく生活するための情報を発信している当サイト。今回は「経済的自由」についての話です。よくマネー本やネットなんかで、「経済的...

 

・本記事でも簡単に書いていますが、経済的自由を得た後に何がしたいか、もう少し深堀りして書いてみました。

<経済的自由/雑記>経済的自由が手に入ったら自分は何をするだろう?
先日、女性投資家のあきんこ(@AKI2016free)さんのブログで「お金があると自分にとって、本当にやりたいことが分かる!10億円あったらしたいこと」という記事を読みまし...

 

・経済的自由のために具体的に何をすべきか。本気でお金を増やすためにすべきことをまとめている記事です。

【お金の増やし方保存版】本気でお金を増やす具体的な方法まとめ
将来のお金について不安を抱いているものの、具体的に何かしているかと言われると、「貯金ぐらいしかしていない」という人って多いんじゃないかな。知人に「投資してる...

 

 

スポンサードリンク

 

関連記事