どうも、しにち(@yurukashi_yrks)です!

世間では、もうすぐ5Gになるといった話題が挙がっていますが、私たちからすると「通信速度が速くなって、なんかもっと便利になりそう」くらいしかわかっていないのではないでしょうか。(少なくとも自分はそうw)

しかし最近読んだ本で感じたのですが、どうやら5Gという技術は私たちが想像するよりもはるかにすごいようで、5Gの登場は世の中に革新を起こすレベルの話なのだそうです。

落合陽一さんが言うには「5Gは人間の出入力感覚では遅れを体感しないレベル」らしいですし、フルハイビジョンの映画を約1.5秒でダウンロードできるというのだから、それだけ聞いてもなんだかすごそうですよね。

そんな次世代高速回線である5Gの整備、普及によって、これからの世の中がどうなっていくのか。

個人的に興味が湧いてきたので、今回ちょっと調べてみました!未来予想ってわくわくしますよね!

 

★日常をより良くするためのライフハック一覧はこちら。

スポンサードリンク

 

関連記事

そもそも5Gとは何か?どこがすごいのか?

まずはそもそも、5Gとはどんなもので、何がすごいのでしょうか。

5Gは「5th Generation」の略であり、第5世代移動通信システムを意味しています。今使われている4Gは第4世代移動通信システムということですね。(ギガヘルツのことだと思ってた…w)

4Gと何が異なるかというと、通信速度と同時接続数が格段に向上する点です。

通信速度が格段に速くなり、遅延もなくなる

まず通信速度では、5Gは4Gの「100倍以上」早くなると予測されています。(4Gの通信速度は100Mbps~1Gbpsだけど、5Gでは最大100Gbpsらしい。)

これは4Gなら10秒かかるデータ通信も、5Gであれば0.1秒未満で済む計算です。冒頭で5Gなら映画を1.5秒でダウンロードできるようになると書きましたが、確かにこの速度なら頷けますね。

また、速度向上によって遅延もなくなってきます。するとリアルタイムでデータの送受信ができるようになり、画像や音のずれが減ります。(ちなみに5Gのすごさを語る上では、この「リアルタイム」というキーワードが重要になってきます。)

医療現場などで使われ始めている手術用ロボットの遠隔操作なども、クオリティがどんどん高まるわけですね。

同時接続数が増える

5Gにおける1㎢あたりの接続可能機器数は約100万台だそうで、これは4Gの約100倍です。(通信時間も約100倍になるし、100という数字は覚えやすいですね。)

IoTは以前から流行っていたものの、今までは4Gだったことから、設置できるデバイス数が限られていたのだと言います。それが5Gによって100倍になるわけですから、サーを大量に設置できるようになります。

IoTのサービスについてはたくさんの企業がアイデアを持っているので、そんなIoTアイデアがこの先、5Gの登場によって具体化されていくのですね。

話題の『IoT』って一体なに?どんなものなのかちょっと調べてみた
みなさん、『IoT』というワードをご存知でしょうか。  最近この『IoT』というキーワードが、よくメディアや新聞で取り上げられています。 IoTとは『Internet of Things...

5Gによって未来はこう変わる

というわけで、通信速度と同時接続が大幅に改善される5Gによって、具体的に私たちの生活はどう変わっていくのでしょうか。

今予想できるものだけでもたくさんあるので、見ていきたいと思います。

街中に電子広告が溢れるようになる

私たちが生活する中で、看板やポスターなどの広告はたくさん目にしますよね。特に電車内などは週刊誌のポスターや商品紹介のシールなどが、たくさん貼られています。

そんな紙や雑誌の広告が、5Gの普及によって電子広告に代わっていくと言われています。それもそのはずで、電子広告のほうが瞬間的に画面を切り替えられますし、人の手でわざわざポスターを貼ったり剥がしたりといった手間も必要ありません。

これまでは電波環境が悪い場所ではうまく表示されなかったり、表示数の制限があったりしましたが、5Gによってそれらの問題が解決されれば、紙よりもはるかに便利でコストも抑えられます。

特に都会は、電子広告だらけ!という景観になりそうな気がします。既に山手線の新車両は電子広告がたくさん入っているらしいです。

リアルタイム体験コンテンツが広がる

AR、VRを使ったリアルタイム体験コンテンツはますます普及していくはずです。

5Gではその速度から、8K映像が視聴可能となります。よく「8K、8K」と言われますが、8Kというのは「約8000画素が含まれている」という意味です。(正確には7680画素らしい)4Kの4倍(縦×横なので)の画素なので、今と比べると相当綺麗になりますよ…!

 

画像元:https://flets-w.com/user/point-otoku/knowledge/other/otherl37.html

 

このレベルの映像が一瞬でダウンロードできるわけです。

つまり、スポーツや音楽ライブなどの映像が、高画質かつ臨場感そのままに、リアルタイム配信できるようになるわけですから、そんなコンテンツができたら、ユーザーは絶対にテンションが上がるはずです!流行ること間違いなし!

タイムラグがなくなるので、他にも、遠隔でバンドメンバーと音合わせをしたり、仕事でのテレビ会議などもしやすくなりそうですよね。

自動運転が本格化する

自動車メーカーによっては2020年に自動運転車を発売するところもあるようですが、市販はまだ先になると言われています。これは技術的な面で安全性が確保できていないことが大きな理由です。

しかし5Gが普及すれば通信速度は格段に上がり、リアルタイムでの反応が可能となります。

具体的には、タイムラグがほとんどなくなるので、障害物があったら自動で動きが制御されたり、IoTやGPSの情報をもとに交通状況が瞬時に解析されて、ルート選定がスムーズになっていきます。

簡単にいうと、広範囲の交通状況がシステムで管理できるようになるので、リスクが排除されるわけですね。

調べてみると日本での自動運転車の市販は早くても2025年以降のようですが、そう遠くない未来に自動運転車が公道を走るようになるのでは、と思っています。

ウェアラブルデバイスが普及してスマートライフが一般化する

5Gのメリットの1つは同時接続数が増えること、と既にお伝えしましたよね。

おそらく各企業が最も力をいれるであろうものが、IoTデバイスだと思います。中でも身につけられるIoT、ウェアラブルデバイスはどんどん発売されて、私たちの生活に欠かせないものになりそうです。

既にAppleウォッチは身体情報を記録してくれるウェアラブルデバイスとして主流ですが、例えば今後はスニーカーにICチップが入って自動で健康管理をしてくれたり、スマホやPC、スマートスピーカーと連動して、行動範囲からおすすめのお店を紹介してくれたりするかもしれません。

あとは眼鏡がIoTデバイスになる、なんて話は以前からありますが、その精度が上がりそうですよね。

5Gの特徴である「リアルタイム」「情報量」が活かされて、メガネを通して見るだけでそのお店の混雑状況がわかったり、その先の交通量を知らせてくれて最適な道を知らせてくれたりしたら、すごく便利になるはずです。

Sponsored Link




まとめ

5Gの時代では、様々なモノが通信ネットワークにつながることで、スマホで操しなくても、無意識に必要な情報が手に入るようになると言われています。

単純に「ネットのスピードが格段に上がる!ありがたい!」くらいに思っていた私ですが笑、5Gの影響は社会全体を変えるほど大きいものであり、そりゃ世界で騒がれるよなと、その重要性を理解することができました。

5Gの本格導入は来年の2020年からなので、5Gによって実現される世界を楽しみにしたいと思います。

ではまた!

 

★日常をより良くするためのライフハック一覧はこちら。

スポンサードリンク

 

関連記事