疲れたぁ~、なんか癒されたいわぁ~。

というとき、ありますよね。リラックスの方法はたくさんありますが、漫画を読んで自分を癒すというのも1つの手です。

私は仕事やお金について考えるのに疲れたとき、よく本や漫画を読んでいるのだけど、作品の世界観に浸っていると雑念がなくなり、「あ、なんかどうでもよくなってきた…!」なんてスッキリするのだよね。

というわけで今回は、私が厳選する癒される漫画5選をご紹介します。ゆるくて好きな漫画を選んでみたよ!

 

スポンサードリンク

お金の勉強をはじめるなら!無料の「お金の教養講座」開催中です。

 

関連記事



 

3月のライオン/羽海野チカ

まず、羽海野チカさんの作品である「3月のライオン」はおすすめの一作です。アニメも第2期まで放映され、映画にもなったので既に有名作品ですね。

 

幼くして家族を事故で失い、唯一自分に残された将棋という世界で生きていこうとする主人公、桐山零(きりやまれい)。高校生の彼は、家の近くの三月町で偶然、川本あかり、ひなた、モモの3姉妹と出会い、つき合いが長くなるにつれ、次第に家族のような関係になっていく。

親を失くした零が、川本家の優しさに触れ、人間的に成長していくさまを描いたストーリーです。

設定だけ聞くと「ちょっとシリアスな話かも?」なんて抵抗感が芽生えそうだけど、内容は結構コミカルでクスッとするような場面が多いです。

川本家のご飯がとても美味しそうに描かれており、飯テロ的な要素もあるのが良くて、とてもほっこりする漫画ですよ。

画像元:http://otokoman.hatenablog.com/entry/2015/09/30/080000

 

喰う寝るふたり住むふたり/日暮キノコ

日暮キノコさんの作品、「喰う寝るふたり住むふたり」

高校生からずっと付き合い続けている未婚のカップルの日常を描いたストーリーです。同棲・カップルあるあるをはじめ、同じストーリーを男女別視点で2話に渡って描かれているのが、この漫画のおもしろいところ。

「喰う寝る」については以前記事にしたので、よろしければ下記からどうぞ!

<漫画>ほっこりしたいならこれ!「喰う寝るふたり住むふたり」
ほっこりするわぁぁ。はい、自分の好きな漫画を紹介するシリーズ。今回は『喰う寝るふたり住むふたり』という漫画です。少し前にNHKでドラマ化していたみたいですね。基...

 

ヲタクに恋は難しい/ふじた

「ヲタクに恋は難しい」はふじたさんによる作品で、ヲタク同士の不器用な恋愛模様を描いたストーリーです。

元々はイラストや漫画を投稿・閲覧できるpixivというサイトから始まった漫画で、つい先日アニメもスタートし、今結構話題になっているようですね。

私もこのあいだ初めて漫画読んだのだけど、ゆるくておもしろいし、この世界観が好きで、絶賛ハマっている最中です。SNSから話題になったという点でも好感が持てるのだよね!

 

Sponsored Link




やれたかも委員会/吉田貴司

こちらは吉田貴司さんによる恋愛コメディ漫画、「やれたかも委員会」です。

相談者が「もしかしてワンチャンあったかも…!」というエピソードを委員会メンバー3人に告白し、最終的にメンバーが「やれた」「やれたとは言えない」を判定するという最高にゆるい設定の漫画です。笑

この「やれたかも委員会」もクリエイタープラットフォームnoteから発信された作品で、その後cakesにて連載されて話題になり、ここ最近では実写化もされています。私もcakesで読みましたが、心理描写や展開が絶妙で、まぁおもしろいですよ!笑

 

87CLOCKERS/二ノ宮知子

「87CLOCKERS」は、のだめカンタービレでおなじみの二ノ宮知子さんの作品。2016年まで連載していて、既に完結しています。

良いとこ育ちの音大生、奏(かなで)が、大学でとある女の子に一目惚れし、その子がどっぷりハマっているオーバークロックという競技に足を踏み入れていく、というストーリーです。

オーバークロックというのは「PCのF1」と言われ、実際に世界大会も実施されている競技なのですが、私も詳しくはよくわかりません。笑

そんなよくわからないディープな世界の話でも、おもしろく親しみやすくしてしまうのが、二ノ宮知子さんの才能ですよね…!ボケあり癒しあり胸熱展開ありで、これまたおすすめですよ。

 

まとめ

以上、リラックスしたいときに読みたい癒やされる漫画5選のご紹介でした!

まとめてて思ったけど、自分は絵がうまくて日常が描かれた作品に癒されるんだなぁと。笑 まぁなんにせよ、上記はおもしろいことに間違いない漫画なので、ちょっと疲れたなー、癒されたいなーなんてときに読んでいただくと良いかと思います。

良かったらぜひぜひ!

ではまた!

 

スポンサードリンク

 

関連記事