最近電車やテレビで、転職のCMや広告をよく見ます。

それだけ企業から求人ニーズがあるってことでしょうかねぇ。まぁ転職希望者にはきっといいことですね!

転職活動するにあたって、求人サイトを見たり、自分で企業のホームページを見たりしている人も多いと思いますが、よくおすすめされているのが、転職エージェントの利用です。

実際に転職のプロと面談して、二人三脚で転職をサポートしてくれるサービス。もうかなり一般化していますよね。

実際私もキャリアアドバイザーの仕事をしているわけですが…、実は知っておいたほうがいいポイントがあったりします。

ここでは、エージェントを使う上で心がけておくといいポイントをまとめてみましたので、参考までにご覧くださいませ!

 

スポンサードリンク

 

関連記事



 

意外に素人が多い

実は人材業界って、とーっても人の動きが激しい業界です。(既にイメージあるかもですね)なので会社としても人材の確保が必須。通年で採用をしている会社が多いです。よって未経験でエージェントになる人もまあ多いんです。つまり、経験の浅いエージェントがあなたの担当になることも多い。人柄がしっかりいている人ならまだしも、人柄も悪く、業界の知識がない人にあれこれ言われるのは嫌ですよね。

なので、最初の段階で、「この人はきちんとアドバイスしてくれる人だろうか?」と、こちらから見定めることが大切です。

といっても、あまり詳しくなくてもしっかりサポートしてくれたり、知識のなさを行動や求人の多さでカバーしてくれたりしてくれるエージェントもいるので、経験だけでなくその人の人物判断をする、といったスタンスでいいと思います。

誠実に対応した方が良い

エージェントも人間です。そしてエージェントにとって、お金をもらう顧客は企業です。よって、実は転職希望者とは比較的対等な立場をとっています。(勿論サービス業なので、対応はしっかりしますが)
転職希望者が失礼な発言や変な態度をとると、エージェントもその人にサポートしたくなくなる…心理としては考えられますよね。逆に、良い人ほど応援したくなるものです。
また、内部で情報を共有しているから、悪印象は他のコンサルタントにも伝わり、案件の紹介が来なくなる可能性もある。。

エージェントには、誠実な対応をしておいた方が無難ということです!

Sponsored Link




あまり正直に話しすぎるのも考えもの

相手がプロということで、色々とぶっちゃけて話してしまうことって、ありますよね。「ぶっちゃけお金だけもらえればいいです」「仕事にはそんな力入れたくないんですよね」なんて。。

勿論ある程度はいいのですが、本音を伝えすぎると「この人はやる気ないし、面接に受からなそうだな」なんて思われて、あまりサポートをされなくなるなんてこともありえるので、気をつけましょう。また、嘘もNGです。その時点でサポートしてもらえなくなる可能性があるので。

また、人間性的にどうなの?と思われるような発言も避けた方がいいです。なぜなら、上記のように「この人は優秀な人か?」という観点で、エージェントの力の入れ具合が変わってくるためです。エージェントも顧客企業あっての商売。顧客企業にとってマイナスになるような人を転職させることで、信頼を失うこともありえる。本音を伝えすぎると、この人はあまりサポートしない方がいいな…というレッテルを張られることもあるため、注意しましょう!

最終局面では相手の意見を鵜呑みにせず、自分の頭で考えること

エージェントも営業です。自分の営業目標を持っています。そのため、無理やりにでも入社させようとする質の悪いエージェントも実は存在します。説得された場合は、あくまで客観的意見として捉え、その真偽を確かめた上で自分で考えることをおすすめします。

とはいえ、情報を持ってるし、良いエージェントもいるので、そんな信頼できる人であれば、親身に相談してもいいと思います!(※それでも上記スタンスは保った方がいいと思うけれど)

まとめ

・エージェントにも意外に素人がいる。
・相手には誠実に対応した方が得。
・あまり正直に話しすぎないことも印象として大事。
・最終局面では自分の頭で考える事。

 

以上、エージェントを使う上で心がけるポイントでした。

他の業界のいわゆるアドバイザーと同じで、良い悪いがある。
利用する側も見定める必要ありですね!

どのエージェントが使いやすいかは人によりけりだったりしますが、業界最大手のリクルートエージェントは登録しておくといいかもです。私も利用していましたが、求人数がやはり多いし、対応もスピーディーなのが印象的でした。

転職のリクルートエージェント 転職成功実績No.1

加えてここでは、マイナビエージェントについても紹介しておきます。エージェントとしては後発ですが、『20代の転職』に特化してサービスを展開しているのが特徴。初めての転職なんて場合は、キャリア相談に活用してみてもいかもしれないですよ。(あくまで上記スタンスを守りながらをおすすめしますが) 興味があれば下記からどうぞ!

求人多数。若手の転職ならマイナビエージェント

 

エージェントは賢く使って、転職活動を成功させましょう。
ではでは!

 

スポンサードリンク

 

関連記事