最近、雑誌プレジデントで「ビンボーでも幸せな人は、なぜ幸せなのか?」という記事を読みました。そこに書いてあった内容がとても印象的だったので、ちょっと紹介したいなと思います。

私も豊かな生活をするためにお金の勉強や取り組みをしているわけですが、そもそも豊かな生活とはなんだ?どうやって実現するんだ?という考え方が載っておりました。知っておいて損はない内容でしたよ。

 

スポンサードリンク

 

関連記事



 

主観的幸福度の話

まずは幸福度ってなに?というところから。記事では、今の状況や生活に幸せを感じるか?という主観的な気持ちを聞き、それを幸福度としています。

年収がいくらあるとか、社会的に成功しているとかっていう、客観的なものではなく、あくまで自分が幸福と感じているかどうかを指標にしたということ

記事では、その指標と年収はどんな関係があるか、といった研究について書かれておりました。

収入があがっても幸せになれない?

ここからは記事の内容ですが、プリンストン大学名誉教授でノーベル経済学賞受賞者のダニエル・カーネマンの研究では、感情的幸福度は年収75,000ドルまでは比例して増大するが、それを超えると比例しなくなる」という研究結果が発表されています。

年収によって得られるのは、生活満足度であり、幸福度をつくる一つの要素でしかないのだそう。

ある程度の年収に達すると、基本的な生活には支障がなくなります。しかし、それ以上の年収は、生活満足度を上げることがあっても、幸福度にはあまり寄与しないようです。

ちなみに、アメリカ人は日本を含むアジア諸国の人より金銭欲が高い傾向にあるため、日本では年収500~600万程度が比例しなくなるラインに相当するとのこと。

つまり、500~600万円までは年収アップに応じて幸せを感じるけれど、それ以降は必ずしも年収アップで幸せになるわけではないってこと

『年収1000万円がお金持ち』なんてのが昔からありますが、1000万円手に入れたからと言って幸せになるわけではないんですね。

幸せになる近道は『非地位財』の追求!

経済学者のロバートフランクの定義では、周囲との比較で満足感を得るものを「地位財」、他人との相対比較とは関係なく幸せが感じられるものを「非地位財」と呼ぶそうです。

具体的には、

・地位財…所得や貯蓄、役職などの社会的地位、家や車なとの物的財
・非地位財…健康、自由、愛情、良質な環境など

という感じですね。そして、この非地位財による幸福の方が地位財による幸福に比べて長続きすることがわかっているそうです。

まとめるとこんな感じですかね。

地位財非地位財
周囲との比較で満足感を得るもの他人との相対比較とは関係なく幸せが感じられるもの
所得や貯蓄、役職などの社会的地位、家や車なとの物的財健康、自由、愛情、良質な環境など
短期的な幸福幸福が長続きする

じゃあ、なんでみんな地位や年収とかにこだわるの?という疑問が出てきます。

記事によると、昔から人間は自然淘汰に勝ち残って進化してきたので、本能レベルで相対比較がある地位財に目を奪われてしまうそうです

しかし、現代社会では、生存競争にそこまで躍起になる必要はないので、「競争に打ち勝つこと」はそんなに重要ではないと言います。

確かにそうですよね。アフリカとかならともかく、日本ではセーフティラインも整っているし、いろんな救済処置だって存在してるし。

そのため、非地位財を追求することが、幸福をつかみ、豊かな暮らしをする近道ということです。

Sponsored Link




思ったこと

非地位財をいかに多く持つかが幸福度に繋がるという話には、とても共感しました。

以前、個人で会社をしている方と会ったときの記事にも載せたんですが、豊かさの実現には、人と比べないこと、自分の幸せを自分で定義することが大切なんですよね。

サラリーマンは危険?個人で事業をする社長さんとお話してきました/ゆるかし!

タイトルの「ビンボーでも幸せな人はなぜ幸せなのか?」という問いの答えですが、まさにこの考え方ができているかどうかがポイントです。

仮に年収300万円でも、非地位財産を多く持ち、人と比べず、自分たちの幸せとは何かを理解して生活することで、高い幸福感を感じることができる、ということかと。

自分なんかは、頭でわかっていてもやっぱりどこかで人と比較しちゃうことがあるから、注意しないとだなー。

とはいえお金にも働いてもらおう

さて、とはいえお金の蓄えがあればその分ありがたいですよね。

非地位財産を築きながらも、資産形成をしていくことは大切です。

別の記事でも語っておりますが、月に5,000円~など少しずつでも投資をすることで、ただ貯金をする場合と比べ10年後、20年後に大きな差がついてきますからね。

ちなみに私は投資信託で資産運用を行っています。投資信託の始め方は下記記事でまとめているので、よろしければどうぞ。

<資産形成>さぁお金を増やそう!投資信託積立で資産運用をスタートさせる方法まとめ
投資を初めてもうすぐ2年が経とうとしています。まだまだ運用益は微々たるものだけど、この違いが数十年後に大きな差になって返ってくるはず。これからもせっせと運用し...

まとめ

・日本においては、500~600万円までは年収アップに応じて幸せを感じるけれど、それ以降は必ずしも年収アップで幸せになるわけではない。
・健康、自由、愛情、などの非地位財を求めることが幸福になるための近道。
・年収が低くても、非地位財を多く持つことで幸福になることができる。

 

一番いいのは、年収500~600万でストレスフリーに仕事をし、時間にも余裕を持って生活することなんじゃないかなと思うわけです。

自分としては、仕事以外の時間でこうやって記事を書いたり、友人と何かしたりすることが非地位財産になっているので、こういう取り組みを今後も増やしていきたいなーと考えてます。

それでは!

 

スポンサードリンク

 

関連記事