久保ミツロウ原作の漫画『モテキ』

昔、何か面白い漫画はないかなーと本屋を徘徊していたときに、たまたま手にしてそこからハマった漫画でございます。

 

その後ドラマ化が決まり、2011年には映画が公開されました。当時はすごい人気で話題になりましたよね。

さて、そんな映画『モテキ』を今更ながらおすすめしたい。と言うのもこの映画本当好きで、毎年1回は何か観たくなるんですよね。この間も借りてきて観てしまったという。

 

スポンサードリンク

 

関連記事



 

あらすじ

「金なし夢なし彼女なし」

これまでの人生で彼女がいた経験はなく、恋愛に対して臆病になっている30才の藤本幸世が主人公の物語。ある日、そんな幸世のもとへ複数の女性から同時に連絡があり、突如モテ期が訪れる。昔大好きだった人、職場の同僚、高校の同級生…幸世はこのモテ期の波に乗ることができるのか!?

映画は原作でのモテ期後、またもや幸世に訪れるモテ期を描いた完全オリジナルストーリーす。主演の森山未來を囲む女優陣には、長澤まさみ、真木よう子、麻生久美子、仲里依紗を迎えています。

世界観が好き

%e3%83%a2%e3%83%86%e3%82%ad%e9%83%a8%e5%b1%8b

Twitterや漫画、音楽フェスをこよなく愛する幸世が『サブカルクソ野郎』と呼ばれるシーンがありますが笑、現代のサブカルチャー要素がたくさん詰まった内容になっていて楽しいです。

下北沢や三軒茶屋が舞台になっていたり、幸世の勤務先が音楽サイト制作会社であったり、これ絶対ビレッジバンガードで買ったやつやん!なんてモノがあったりなどなど。なんとなく映画全体がオシャレに仕上がっています。

このような要素で若者の心をガッチリ掴んだことも、大ヒットした理由ですね。

リアルな登場人物とリアルなセリフ

この映画モテキでは、登場人物もセリフもすごいリアル。

こういう人いる!!わかる!!」というキャラクターも魅力の1つです。

例えば、主役の1人である松尾みゆき(長澤まさみ)

明るく自然体でかわいくて、もちろん彼氏がいる。でもちょっと他の男と火遊びを楽しんでしまうような小悪魔的キャラクターです。

また、枡元るみ子(麻生久美子)は真面目でいい子だけど、ストレスを内に溜め込むのか、一人カラオケが好き。なんでも相手に合わせるタイプで、若者にしてみるといわゆる「ちょっと重い」女性というキャラクターであったり。

 

なんとなく自分たちの周りにもいそうだな、と思いますよね。セリフについても、こちらが考えさせられるものがチラホラ。

「彼氏がいない女の子は世界中がライバル。でも彼氏がいる女の子は、彼氏だけがライバルなんだ。」

「遊べることの男性と女性の違いは子供を産むリミットなんですよね」

弱ってるときのアイドルソングは麻薬です」

「幸世君と(の恋愛)じゃ成長できない」

※出典:映画「モテキ」

 

「なんだろう、確かにそうかも…」って映画館で思ってた気がする。普通の恋愛映画とは違った、“リアルさ“がたくさん散りばめられております。

Sponsored Link




音楽のチョイスが秀逸

映画の主題歌や劇中で流れる音楽って、その映画のために新しく作られるのが普通です。

でもこのモテキでは、新曲や流行りの歌は流れず、独自のチョイスで様々な音楽が流れます。

一部を紹介すると、

・Perfume『Baby cruiseing Love』
・ももいろクローバーZ『走れ!』
・B’z『衝動』
・竹内まりや『カムフラージュ』
・大江千里『格好悪いふられ方』
・デスコ『女王蜂』
・くるり『東京』
etc.

 

時代もジャンルもごちゃまぜ…!でもなぜかそれらがうまくハマって、いい感じなんだよなぁ。ちなみに自分が好きな曲はこちら。

 

・岡村靖幸『カルアミルク』

・ACO『悦びに咲く花』

・星野源『ばらばら』

・スチャダラパー『今夜はブギーバック』

 

ちなみに、カルアミルクはミスチルの桜井さんがやってるBank Bandのアルバム「沿志奏逢」にもカバーで収録されてます。桜井さんが歌い上げるカルアミルクもいいんです。

 

そして今夜はブギーバックは超有名ですよね。色んなアーティストがカバーを出してるけど、個人的にはKREVAのカバーが一番好き。

 

モテキで流れてた曲って一気に人気になったので、オムニバスCDが発売されました。全曲収録されてていちいち集めず済むので、モテキ的音楽を聴くならおすすめです。

 

まとめ

・30代モテない男のモテキ到来ストーリー
・リアルな人物やセリフにふと考えさせられる作品
・サブカルチャー満載のオシャレな作り
・独自の音楽チョイスが聴いていて楽しい

そんなわけで、今更の紹介記事でございました。何回も観てしまう映画ってあるんだよなぁ。

最近は雨の日も多いし、徐々に寒くなってきたので、こういうときは家で大人しく映画を観よう!

 

ちなみにドラマも映画もhuluで見れますので、そっちを活用するのも手です。既に観たことある人もこれからの人も、よかったら観てみてね。

≪Hulu≫でアノ人気の海外ドラマや映画が見放題!今すぐ無料でお試し!

 

スポンサードリンク

 

関連記事