働き方革命!

と政府は掲げていますが、世の中の会社はちゃんと働き方革命がされているのだろうか!?

先日、サイボウズ社が働き方革命を風刺するポスターを掲載し話題になりましたが、そんな風刺の通り、働き方革命ってなんだか言葉だけが一人歩きしている気がします…。政府が一斉に「働き方を変えよ!」と号令をかけても、現実はなかなか変わらないんですね。。

 

さてそんな中、とある会社がおもしろいサービスをスタートしました。それは、副業OK、時短OKという、従来の雇用とは異なる新しい働き方を提供するサービスです。

今回はそのサービスをちょっと紹介しますね。

 

スポンサードリンク

 

関連記事

 

新しい働き方を提供するサイト「REWORK」

新しい働き方を提供するのは、「REWORK」というサービスです。少し前にITmediaなんかでも記事になっていたので、知っている人もいるかもしれないですね。

>REWORKーすべての人に新しいワークスタイルを

 

このREWORKは通常の求人サイトや転職エージェントでは紹介されないような案件を働き手に提供する点が特徴となっています。

例えば、完全に在宅で仕事ができるリモートワークや、時短勤務社員、週数日だけの勤務など、新しい働き方が実現できる求人が集められています。

以下、ホームページより抜粋です。

新しい働き方見つかります

掲載している案件は、フルリモートOK、時短で週3OK、といったこれまでは知り合いづて、知っている人だけが知っている、というものばかりです。

こういった働く側から見ると先進的と取れる求人案件を出す企業は、採用難ではなく、そのほうが効率が高く、優秀な人材を見つけられることがわかっている企業ばかりです。

働いてくれる「人」を向いている企業で働くことは、とても心地よいものです。ぜひ案件をみていただけますと幸いです。

引用:REWORKホームページ

 

様々な働き方が浸透していく

在宅やリモートワークは、何年か働いた社員だけ利用できるなど、既存社員への優遇措置的な働き方であることが一般的です。(ちなみにうちの会社も在宅勤務制度がありますが、ワーキングマザーだけにしか適用されないという謎の制度となっています…。)

REWORKの素晴らしいところは、そういった現代にあった働き方が実現できる求人のみを集め、個人に提供しているという点ですね。

上記抜粋にもある通り、そういった特殊な案件って知っている人しか知らないレアな案件ですから、それをオープンにしたってだけでも価値があるんじゃなかろうか。

 

このREWORKを皮切りに新たな働き方を紹介するサービスが増えていけば、大企業をはじめとした既存の老舗企業も、柔軟な働き方を推奨するようになるかもしれません。

もちろん私個人としても多様な働き方には賛成なので、このREWORKを筆頭に、新たな働き方がどんどん実現され、一般化して欲しいなと願うばかりですよ。

Sponsored Link




現代だからこそ自分に合った働き方をすべき

高度経済成長期~バブル期にかけてできた企業風土では、個人の働き方は企業に合わせるものと考えることが当たり前でした。なぜならそれは、雇用と給与を保証してくれる企業に従うことが、個人にとっても最適な戦略の1つだったから。

しかし、現在ではモノやサービスが溢れ、各マーケットは飽和し、ご存じの通り企業の成長は鈍化。雇用の安定もなくなっています。それと同時に、先進国として豊かになったことで、多様なライフスタイルが生まれてきています。

自分の意に反して企業に従う働き方って、今は必ずしも戦略的ではない。だからこそ、企業に合わせるのではなく、自分に合った働き方を模索すべきなんですよね

このREWORKに限らず、「自分がどんな働き方が合っているのだろう?」と考えてその実現を目指すことが、豊かな生活に繋がる方法の1つですよ、ほんと。

<幸福論/本>「幸福の資本論」に学ぶ、人が幸せになるための3つの「資本」
人はどのように幸福になるのだろう?? よく国別の幸福度ランキングなんかが発表され、日本人は下位にランクインしているとか、欧州は幸福度が高いとか、色々話題...

まとめ

今回紹介したREWORKをはじめ、これからどんどん多様な働き方を促すサービスが生まれてくると思います。

そうなれば実際に働き方は多様化されて、大企業も価値観を変え、少しずつ色んな雇用形態を認めてくる可能性は大きい。(時間はもう少しかかりそうだけど)そしてその流れは、個人にとって追い風です。

企業に合わせる画一的な働き方は、従来の方法。昔とは前提が違うことを意識して、いち早く自分の求める働き方・生き方を実現していきましょう。

ではまた!

 

 

スポンサードリンク