私が武蔵小杉に住んで、もう1年と8ヶ月。今年の9月で丸2年になります。

 

朝の通勤で思うけれど、武蔵小杉だいぶ人が増えてます。まだ開発が進んでるので、もっと増えるだろうな。。でも人口が増えるのもわかるほど、やっぱり住みやすいのだよね。

武蔵小杉に住んで1年の私がメリットとデメリットを挙げてみる
今回は、自分の住んでいる駅、武蔵小杉についての記事です。なんやかんやで、武蔵小杉に住んでもうすぐ1年になります。最近人気エリアの武蔵小杉。今回はそんな武蔵小杉...

 

さて、これだけ住んでいると行きつけのお店もチラホラ出来るもの。なかでもPUBLIC HOUSEというカフェレストランが快適すぎて、週2回は私出没しています。

ブログの執筆作業やメンテナンスは、ほとんどここでやっていますね。結構なヘビーユーザーだと自負しているw (ありがとう、PUBLIC HOUSEさん…)

武蔵小杉でお店に困ったら、とりあえずここに来ておけば問題ないと思う!

 

スポンサードリンク

 

関連記事



 

駅からとても近い

利点の1つが駅からの近さです。

情報サイトには駅から3分と書いてあるのですが、私の体感だと東横線南口改札から歩いて1分の距離です。(これホント) 近いというか「ほぼ駅」ですね。

 

武蔵小杉には駅直結の東急スクエアやララテラス、そしてグランツリーという3つの大きな商業施設があります。

武蔵小杉に来たことない人がカフェを探そうとすると、とりあえずその3つの施設で探そうとするのだけど、施設内のカフェは基本混みまくってます。スタバとかWIRED CAFEとかいつも行列できてますからね。

PUBLIC HOUSEは施設内ではなく、高架下に位置しているので意外に知らなかったりするんです。しかし駅からすぐの好立地にあるため、使わない手はないのですよ。

また、外見がオシャレからか敷居が高く見えるかもだけど、普通にカフェやランチで使える価格帯です。

広いので待ち時間がほぼない

さらにスペースが広いのも特徴。

テーブル席、ボックス席、ソファ席合わせて115席もあるらしい。

最近武蔵小杉は人がたくさんいるのですが、広くて席も多いからか、土日でもほとんど待たずに入れます。困ったらすぐ行きます、私w

Sponsored Link




スタッフが優しい

このへんは情報サイトを見てもわからない部分だと思うけど、スタッフさんが優しい…// 

気遣いというか、ホスピタリティというか、とてもフレンドリーに感じるのだよね。電池なくなったときにお店の裏で充電器貸してくれたときはありがたかったw

こういうところって大事だと思う。

実はディナーも充実してる

カフェやランチとして利用されがちのようですが、実はディナーも普通にやってます。パスタやピザなど、メニューはイタリアンですね。

先ほど記載したように高そうなレストラン的外装なのですが、平均予算は3000~4000円くらいで、リーズナブルです。お酒も飲めるし雰囲気いいし、ディナーとしても使えてしまうのですよ。

まとめ

というわけで、私が重宝しているカフェのお話でした。

もちろんWi-Fiも飛んでいるし、快適空間なんですよね。昼から夜までずーっといることもあるw(迷惑)

情報サイトだけみてもわからない、こういった生の情報も、今後は届けていきたいと思います。

武蔵小杉に来る際は是非、立ち寄ってみてくださいな。

 

 

スポンサードリンク

 

関連記事