この時期、賞与を使って夏に旅行の計画を立てている人も少なくないはず。まとまったお金が入ると使いたくなるし、パーッと贅沢するのは楽しいですよね。

昔から「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」とか、「金は天下の回りもの」なんて言葉がある通り、お金を使うことが美徳とされる感性が、人にはあるのだと思います。

以前は自分も「たくさん消費したいし、その分たくさんお金が欲しい」と思っていたのだけど、ここ数年は逆で、支出を最小限に減らす生活がしたいと思うようになりました。理想としては、極力支出をせず、金銭的に身軽な体質になることですね。(実際はまだまだ無駄遣いが多いけども…。)

持論ですが、たくさん使うことに慣れるよりも、使わない生活に慣れるほうが良いと思っています。今回はそのへんを語りますよ。

 

スポンサードリンク

 

関連記事



 

支出を最小化して身軽になるべき理由

私たちはついついお金を使ってしまうし、使うことが当たり前だと思っていますよね。でも、これからの時代を賢く生きていこうと思うなら、そんな支出をできるだけ抑えることが大事です。なぜ自分がそう思うかというと、下記のような3つメリットが得られると考えているため。

稼ぐことのプレッシャーから解放される

もっと年収を上げなければ…と思う大きな理由は何でしょうか。それは、よりたくさん稼いで生活の満足度を高めるためですよね。

今より広い家に住んで、より良い服を着て、より便利なものを買って、より美味しいものを食べたい。そう思って、収入を上げたいと頑張るわけです。

しかし、たくさん稼いで生活水準を上げれば、それを維持するためにはその頑張りを継続する必要が出てくる。すると、稼ぎ続けなくてはいけないプレッシャーが発生するんです。

生活をよくするために頑張るぞ!という前向きな気概なら良いのですが、今の生活を維持するために頑張らなければ…という切迫感があると精神的に辛くなってきます。

 

一方でもともとの生活水準を最小化しておけば、無理に稼ぐ必要はありません。すると、稼がなければというプレッシャーを感じる必要がないのですね。言い換えると、生活水準を低く設定しておけば、金銭的に余裕ができるということです。

想像して欲しいのだけど、無理に稼がなくてもいいんだ!と思えたら、だいぶ気が楽になるんじゃないかな。

 

興味のある仕事にチャレンジしやすい

私はキャリアアドバイザーの仕事をしているので、多くの人の仕事選びに携わるわけなのだけど、仕事の問題とお金の問題を一緒に考えている人が多いように感じます。全てではないにせよ、仕事を年収で選んでいるケースが多い。

もちろん仕事の報酬としてお金はもらうべきですが、「この仕事はおもしろそうだけど、年収が低いからやめよう」と判断していると、かなり選択の幅が狭くなってしまいます。

 

でももし、お金の問題は考えなくていいよ、と言われたらどうだろう。多分おもしろそうな仕事、興味のある仕事に就きますよね。

このように、消費を抑えておくことで仕事選びの幅も広げることができるんです。興味はあるけど、お金の問題でチャレンジできないという人こそ、支出体質を見直すことで、やりたい仕事にチャレンジして欲しいと願うばかり。

 

Sponsored Link




収入減や突発的な費用の発生に適応できる

支出が少ない身軽な状態であれば、収入が減ってしまうような環境の変化に見舞われても適応できるはず。

例えば会社が倒産してしまった場合、基本支出を少なくしているため、収入が高い仕事を無理に選ばなくて済むので、他の人より早く再就職ができます。また子供が急に留学したいなんて言い出した時も、これまで支出を抑えて貯蓄していた分で、留学費用をまかなうことだってできます。

 

支出が多い人の多くは、このような収入減や突発的な費用に対応できず狼狽してしまいます。無理に生活を切り詰めることが逆にストレスになり、これまでのリズムや安定が崩れてしまうリスクもありえますからね…。

不確実なこれからの時代だからこそ、変化に備える意味で支出を抑えておいて損はなしです。

支出を最小化するといっても、何にでもお金を使わないわけではない

さて、このように支出を最小化することを推奨しておりますが、やたらにすべての支出を抑えようということではありません。

自分の趣味や好きなもの、自己投資についてはしっかりとお金を使うべきです。要は無駄をなくし、なくてもいいものを買うのはやめましょうということ。

そのためには、自分は何が好きで、何が大切かを理解しておくことが必須です。家計簿なんかをつけると、自分の嗜好とお金の関係が可視化されますよ。

意識改革!家計簿をつけることのメリットは、思ってたよりもはるかに大きい
ゆるく賢く生きるための情報を日々発信しておりますが、今回は家計簿についてでございます。みなさんは自分の支出のコントロールって上手にできてますか?私ですが、こ...

 

まとめ

支出を抑え、金銭的に身軽な状態になっておくことのメリットは大きいです。大量消費が幸福度を高めるのではないと理解して、自分の好きなことや必要なことにだけしっかりお金を使うこと。お金に縛られない生き方のためには、大事なスタンスですよ。

お金で悩んでいる人は、まずは日々の支出を減らしてみることをおすすめします。そして、自分にとって何があれば幸せなのか(これさえあればいい!というのは何なのか)を考えてみてください。

案外お金なくても幸せじゃん!と思えると、プレッシャーから解放されて、好きなことや興味のある仕事にチャレンジできるようになり、視野がかなり広がりますよ! よかったら参考にしてみてね。

それでは!

 

スポンサードリンク