先日実家である栃木県に帰省してきました。

私は普段東京で仕事をしていて、家も川崎なので割と都会の中で生活しています。そうすると当たり前だけど、毎日満員電車に揺られるし、土日も人混みの中に行くのが普通です。

結婚したりお金について真剣に考えたりで、ここ1年の間で生活についての価値観が変わってきたのもあり、今回の帰省では今までと違った感想を持ちました。

なので今回は、地方での暮らしについての意見をつらつらと書いていきますね。

 

スポンサードリンク

 

関連記事



 

地方について思ったこと

都会とは時間の流れるスピードがなんか違う

まず思ったのは、東京に比べてせかせかしていないってこと。

まぁ単純に人が少ないってのもあるんですが、仕事してる人もゆったり働いてるし、お店とかの対応も機械的じゃないというか、温かいというか。ビジネスとか論理とかっていう世界から解放されているような感覚になりましたw

昔からよく母が「東京は戦う場所なのよね」って言ってたんですが、まさにその通りだなぁと思います。

というか、都会の人ってみんな生き急ぎすぎな気がするんだよなぁ。もっと気楽に生きようよw

ちょっと車で移動するだけで自然が沢山

うちの実家は栃木でもまぁまぁ都会な方で、駅前とかは結構栄えてるんですが、それでも車で5分も走ればすぐに田園風景です。

昔は「田舎くさいわ!」としか思わなかったけど、今回は「なんかめっちゃ癒されるやん!」てな具合で、ドライブしながらずっと景色を見てましたね。

大人になってからわかるってこういうことなんだなーと思いました。てか老けたのか?

飯がうまい

これも改めて実感。栃木も飯が美味いんですよ。特に、お米と日本酒!

栃木のブランド米で「なすひかり」というお米があります。
那須とか県北の旅館なんかに泊まると出てくるんですが、これがうまい!白米だけでも甘くてふっくらしてバクバクいけます。「栃木=お米」ってイメージ全然なかったんだけど、これは食べて損はないかなぁと思います。

実際全然不便じゃない

田舎といっても山奥とか行かない限り全くもって不便じゃないですよね。

てか実家に住んでたときも不便とか全然思わなかったしな。駅前にはスーパーもドラッグストアも、カフェも居酒屋もあるし。数や種類はそりゃ少ないけども、行きつけ作っちゃえば問題ない気がする!

家賃が安い

当たり前だけど、やっぱり地方は家賃が安い!近くに○○タウン(名前忘れました)なんていう集合住宅地があるんですが、母曰く土地込みの値段で1,500万くらいで買えるらしい。賃貸だって、3~4万できれいな1Kとか普通にあるしね。

固定費がここまで抑えられるってやっぱスゴいな。大きな魅力の1つですよね。

あと都内だと絶対ないと思うけど、数年このままなんじゃなかろうかという潰れたお店とか、ここお店とかあっても不思議じゃないのにという空きスペースが結構あります。

都内だと土地の需要が多いからすぐ誰かが入ってしまうと思うけど、地方だとなにかしようって人もそこまで多くないだろうし、需要もないから放置なんだろうなー。

まぁこういう物件やスペースがあるってことは、逆に言うと安く買えるってことですよね。レストランやるとかだと集客の問題がありそうですが、ネットビジネスとか作業するスペースだけ欲しいって場合とかはすごく良さそう。

Sponsored Link




都会からちょっと離れた地方に住むのもありかも

こう考えると地方に住むことって大きなデメリットはないし、生活コストも抑えられるし、すごくいいんではないだろうか?

鎌倉とかはむしろ人気みたいだけど、埼玉や千葉、北関東なんかは意外とそこまで遠くないし、いいですよね。

家庭もって地方に家を買うってのは定番だけど、若い人ももっと地方に住むことを考えてもよさそう。

いきなり知らない町に住むのは抵抗ある…って場合は、実家に戻るというのもいい気がします。

今まで「社会人になったら独り立ちをするもの」という感覚があって、一人暮らし以外の選択肢は頭の中になかった。でも、帰省すると家族も喜んでくれるし、こっちも経済的にありがたいし、自分が嫌じゃなければ全然いいじゃん!と最近思います。(まぁ実際自分は結婚してるし、戻ることはないんですが)

貯金できないとか、1人で寂しいとかって人は、実家暮らしを検討してもいいのでは?通えない人は物理的に仕方ないんだけれど…。

まとめ

結論として、田舎(地方)暮らしって全然ありなんじゃないか!?と思いました。

若者は勿論都会に憧れるし、実際自分もそうだったけど、環境とかお金のこととか色んなバランスを考えたとき、この時代だからこそ田舎暮らし、地方暮らしって、逆に新しい生き方な気がする。

ネットのおかげで遠隔での仕事もかなりし易くなったしね。今後どうなるかはわかりませんが、人生の選択肢や考え方の1つにストックできました。みなさんも頭に入れておくといいかもしれませんよ。

 

というわけで、今回はこのへんで。
ではでは!

 

スポンサードリンク

 

関連記事