「もう会社に行きたくない。。でも行かないといけないし、仕方ないよなぁ。。」

 

こんな思いを胸に仕事をしている人はきっと多いと思います。

上司や同僚に気を遣い、プレッシャーの中限られた時間で仕事を完遂しなければならない、そんな状態に嫌気がさすこともありますよね。

これからもこの生活を続けないといけないのか…と落胆しているようであれば、是非覚えておいてほしいことがあります。

今回はそんな内容をまとめてみましたので、よろしければ参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

関連記事

 

「会社に行かなければならない」理由と「会社の何が嫌なのか」を明確にしておく

「会社にいかなきゃいけない」と思っている理由はなんでしょうか。

別の言い方をすると、自分を縛っている理由は何かという点について、冷静に考えてみてください。

お金(生活費やローン)、世間からの評価、友人の目、家族からの期待などが挙げられると思いますが、まずはそれらを知ることからのスタートです。

 

次に会社に行きたくない理由を探してみます。仕事内容、働き方、人間関係、環境、労働時間など、こちらも何かしら思い当たるものが出てくると思います。

今考えてもらったものが自分を縛っている要素だということをまずは認識することが大切です。単純に考えてみると、それらが解決できれば悩みはなくなるわけですからね。

転職の可能性について検討する

自分を縛っている「会社に行かなければならない理由」や「会社が嫌な理由」を解決するために、転職を検討してみましょう。

今自分が悩みに悩んで悶々としていることでも、環境を変えることでコロッと解決される可能性もあります。

真面目な人ほど「もっと会社のために考えるべきだ」「自分なんかダメだ」と考えてしまいがちですが、適材適所は確実に存在します。何が自分を縛っているのかを明確にした上で、それが解決できる転職先がないか、冷静に検討してみるべきです。

 

Sponsored Link




最悪だと思ったことが起きてもなんとかなることを知る

自分が想定する最悪のケースが起きたとします。しかしそうなったとしても「実は自分の気持ち次第でなんとかなる」ことを知っておくだけで気持ちが楽になります。

仮に会社が倒産して、今大事にしているものが全てなくなった場合。失ったことで絶望的な思いになるかもしれませんが、人間は環境に適応するものです。

収入を得る方法はいくらでもあるし、仮にアルバイトになったとしても、その収入の中で楽しみながら生活する術だってたくさんあります。

また、周りからの期待を裏切ることになると思うかもしれませんが、ふたを開けてみると案外そんなことはないかもしれません。

もしそうなったとしても、そのときは自分を理解してくれる人がいればそれでいいのです。

こんな感じで、自分にとって最悪のケースを考えてみましょう。それでも楽しめるということがわかると、楽になるし強気になれるはずですよ!

 

まとめ

・会社に行かなければならない理由と会社の何が嫌なのかを明確にしておく
・それらを改善するため、前向きに転職を検討する
・想定する最悪のケースが起きてもなんとかなることを知る

 

何が自分の中でネックになっているのかを知っておくだけで、今後の改善の糸口になるはず。そして最悪のケースになってもなんとかなるものだ、とわかればだいぶ気持ちに余裕ができます。

辛いときというのはマイナス思考になり、どうしても視野が狭くなってしまう傾向があるそうです。

「こうでなければダメだ!」と自分を縛り付けるのをやめ、何が自分にとって大切かを第一に行動していくといいのではと思っています。

なんとでもなるさという精神で、ゆるく考えていきましょう!

<働き方>おすすめしたい!ゆるく働くことのメリット
みなさん、今日もゆるーくやってますか。このサイト『ゆるかし!』というネーミングからもお分かりになる通り、ゆるく生きていくことを日々意識している私でございます...

 

ではでは!

 

スポンサードリンク

 

関連記事