はい、どうもです。

ここ最近いくつか紹介している心理法則シリーズ。以前から心理学系の話は好きだったので、学んだことをまとめておくにはブログは絶好の場所ですね。というわけで心理学系のお話、今後もちょいちょい記事にしていきたいと思います。

今回は「好意の法則」について、早速お伝えいたします。

 

スポンサードリンク

 

関連記事



 

好意の法則とは?

好意の法則とは、「人は自分が好意を抱いた人や親しい人の誘いは断れない」というものです。

身近な人からちょっとしたお願いをされたことは誰しもありますよね。それが面倒なことだとしても、「仕方ないなぁ」なんて言いながら引き受けた経験、きっと思い浮かぶと思います。

これがまさに好意の法則による作用らしいのです。当たり前ですが、よく知りもしない人のお願いなんて簡単に引き受けないですしね。

 

そして、この法則はビジネスの場でも用いられています。

少し前に「ホームーパーティーやバーベキューをしよう!」という形式で人を集めて、そこで家具やら健康食品やらを売るビジネスが流行っていたのをご存じでしょうか。(自分も学生時代の友人から誘われた経験ありです…)

パーティーやバーベキューをやる理由はまず売り手に好意を持たせるためで、「この人達いい人だなぁ…!」と思わせた後に、「実はおすすめの話があってね、、」なんて切り出すわけですよ。

本当こういうビジネスって、巧みにできているんだよなぁ。

 

 

確かに自分で思い返してみても、誘いを受けるときや物を買うとき、その人に好意を持てるかが影響している気がします。

好きな人からのお願いは断れないって、当たり前なようで実はすごいことですよね。逆に言えば、好きにさえさせてしまえば、色々なお願いができてしまうわけで。

悪い方に使った例としては、結婚詐欺とかがわかりやすいですね…。

Sponsored Link




実生活で役立てよう

さて、この好意の法則を実生活の場面でどう役立てられるだろう。

1つはこの法則を知ることで、好意と行動を切り分けて考えられるのではないかと思います。

何かを依頼されたとき、「これは好意の法則では?容易に引き受けるべきではない!」と冷静に予防線を張ることができそうです。

でもこれって難しいところで、仲の良い友人とか家族からのお願いは聞いてあげたいですよね。自分のコミュニティ内の人とは信頼関係が成り立っているので、互いに何かしてあげるのは自然なことだと思います。

なので例えば、最近仲良くなった人や一見様(お店の店員や営業マン)、そんなに仲良くない人と接するときに、この好意の法則を意識してみてください。もしくは、仲の良い人だとしても金銭が絡むようなお願いをされたときとかですかね。

その人に好意を持っているから引き受ける(購入する)のではなく、その内容が自分にどう影響するのか、本当に後悔しないのかに着目してください。

 

内容について納得した上であれば、あとは好意で選んでもいいと思います。

買い物で例えると、まずその商品が自分にとって本当に必要なものかを判断する。もし本当に必要なら、対応の素っ気ないA社でなく、対応の良いB社から買おう!という風に、商品に納得した上であれば好意によって決めてよい、ということです。

B社の対応が良いからという理由で買ったとしても、あとあとそれがいらない商品だと気づいたら意味ないですからね。

まとめ

この好意の法則は日常生活でも多く見られる現象です。

人は昔から集団の中で生きてきたので、周りの人の影響を受けやすい、つまり好き嫌いによって物事を決めがちらしい。

「この人、良い人だなぁ」と感じてうっかりいらないモノを買わされないように、冷静に注意していきたいですね。

 

スポンサードリンク

 

関連記事