「今の仕事が辛い!辞めたい!でも自分が何がしたいかわからないから辞められない…」

わかります。ええ、わかります。

そう言って嫌々仕事を続けてる友人や同僚、たくさん見ていますので。逆に、やりたい仕事を見つけて楽しくやってる人も確かにいますよね。それを横目に、さらにこう思ったりしませんか。

「そんな簡単にやりたいことって見つけられなくね…やりたいことが見つからない自分はダメだ…一生見つからないんだ….」

わかります。ええ、わかります。

さてここで「やりたいことがない人はダメだ」みたいな風潮に一石を投じるべく、持論を展開したいと思います。今回もまた、お付き合いください。

 

スポンサードリンク

 

関連記事

 

無理してすぐに、やりたい仕事を探さなくてもいい

考えて考えて、やりたいことが見つからない…ということも勿論ありますよね。でも別に、無理してすぐにやりたいことを見つけなくてもいいと思います。

言い方を変えると、やりたい仕事に就くための「求人探し」はしなくてもいいんじゃないかと。やりたいことがないんだったら、とりあえずは早く帰れる仕事について、残りの時間でゆっくり模索したらよいのではないでしょうか。

定時に帰れる仕事に就こう

てことで、「現状に不満があるけど、やりたいことはわからないから動けない…」なんて状況であれば、とりあえず定時に帰れる仕事に就いたら?と提案したいです。

よく、「やりたい仕事を見つけるために今の仕事をガムシャラにやってみることが大事。そうでないと、人間天職なんて見つかりっこない!」と言う人がいますけど、個人的にはそんなことはないと思ってます。

むしろ定時に上がれる仕事について、残った時間で趣味でもなんでも興味があることを片っ端からやっていく方がいい。

そこで好きなことに巡り会える可能性が高まるし、時間があるから、それを自分でサイトビジネスにしてもいい。やり方は、セミナーや勉強会に参加して学べばいい。

定時帰りの強みは時間です!

だらっとしてもいいじゃない

余談ですが、定時後に好きなだけだらーっとするってのもいいと思います。無理にやりたい仕事を見つけなくてもいいんです。人間必ずしも、ガムシャラに仕事しなくちゃいけないわけじゃないし、がんばったり成長しなきゃいけないわけでもない。自分が納得して楽しく過ごせていれば問題ないわけだし。

えーそんなスタンス、周りからなんて言われるか…なんて考えなくて大丈夫、
そんな選択を理解してくれる友人と付き合えればいいと思います。自分軸で考えると、人生観変わってきますよ。

Sponsored Link




まとめ

てなわけで、今の仕事に違和感を感じているなら、まずは定時で帰る仕事に就くのも一つの手ではないでしょうか?

時間を使って自分探しをしてもいいし、好きなだけゆーっくりしてもいい。まずはストレスなく、無理なく居られる環境に移りましょう。自分に正直に生きた方が楽しいですよ。

ではでは!

 

スポンサードリンク

 

関連記事