世界で1番の億万長者はビルゲイツ。じゃあ日本人の億万長者は?

 

投資を学び、投資に触れるほど、資産を持つことの素晴らしさを実感します。

お金持ちは資産持ち。資産があればお金が集まり、雪だるま式に増えていく。こうして、どんどん良い循環が生まれるのですよね。

<資産形成>お金持ちにはさらにお金が集まるといわれる1つの理由
お金持ちのもとにはお金が集まり、さらにお金持ちになる。 こんな言葉を昔からよく聞きます。お金持ちには才能があって、お金を稼ぐ能力が凡人よりも優れているか...

 

そのような好循環を生み出している世界一の資産家は、言わずもがなアメリカの億万長者、ビルゲイツです。

マイクロソフトの設立者であるビルゲイツの総資産額は860億ドル。日本円でおよそ9.63兆円です。

2015年度の日本の消費税額が17.2兆円だから、ビルゲイツの資産があれば日本全体の消費税が半年分くらいまかなえる計算ですよ…!当たり前だけどこれ、一個人の資産ですからね。笑

フォーブスによる世界億万長者番付によると、2位は投資の神様、バークシャーハサウェイのウォーレンバフェットで、資産額は756億ドル(約8.47兆円)。そして3位はアマゾンのCEOであるジェフ・ベゾス。資産額は728億ドル(8.15兆円)です。

 

なんか全員すごすぎてクラクラしてきますが、、こうなってくると日本人のことも気になってきませんか!

日本人についても、米国フォーブス誌「The World’s Billionaires(世界長者番付)2017年版」にまとめられていたので、ここでは日本人の億万長者、トップ5をご紹介します。

世界の上位と比べてどうなのか。未来のビルゲイツは生まれるのか。

興味がある方はぜひどうぞ!

 

スポンサードリンク

お金の勉強をはじめるなら!無料の「お金の教養講座」開催中です。

 

関連記事



 

日本の億万長者ランキング

では、日本における億万長者トップ5を1位からお伝えしていきます。

資産額1位:孫正義(ソフトバンク)


画像元:https://twitter.com/masason

日本の投資家トップはやっぱりこの人、ソフトバンクの孫社長。

資産額は212億ドル(約2.37兆円)で、世界順位は34位です。

ソフトウェア開発から始まった会社をソフトバンクとして成長させ、今や半導体事業やエネルギー事業など、数々のビジネスを手掛ける孫氏。この資産額は納得の数字ですよね。(トランプ大統領とも個別でアポ取れちゃう権力者だし…) 

これからどんなことを始めるんだろう?なんて期待感もあるので、日本の代表的な経営者として、これからも躍進していただきたいな。(←何様)

資産額2位:柳井正(ファーストリテイリング)


画像元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E4%BA%95%E6%AD%A3

2位はユニクロを手掛けるファーストリテイリングの社長、柳井正氏で、資産額は159億ドル(約1.78兆円)で、世界順位60位です。

もともとはイオンリテール(同時はジャスコ)に入社し、その後実家の小郡商事を次いで、ファーストリテイリングとして会社を育て上げた人物ですね。

ちなみにユニクロって「ユニーク・クロージング・ウエアハウス(Unique Clothing Warehouse)」の略なんだとか。知らなかった!

資産額3位:瀧崎武光(キーエンス)


画像元:https://matome.naver.jp/odai/2136249745843953301/2136250359145090503

3位は産業用の計測機器などを製造しているキーエンス社の会長、瀧崎氏。資産額123億ドル(約1.38兆円)、世界順位102位です。

キーエンスといえば社員の平均年収が1300万という超高年収企業。その秘密は利益率が高い製品を保有していることや、健全な財務体質が挙げられます。

それだけビジネスがうまくいっているわけなので、やはりトップの報酬も高いですよね。

資産額4位:三木谷広史(楽天)


画像元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%9C%A8%E8%B0%B7%E6%B5%A9%E5%8F%B2

楽天の代表兼会長を務める三木谷氏が4位です。資産額は58億ドル(約6500億円)、世界順位250位

三木谷さんって、一橋大学を出て、ハーバード大のMBA(経営学修士)も持ってるんですね!すごい。

楽天は我が家もお世話になっていますが、今やネット通販だけじゃなく、銀行、証券、カード、トラベル、メディアなど、インフラを含めた幅広い事業を展開しています。

このようにすべての人をターゲットにして幅広い事業で成功すれば、やはりこれだけの富が築けるんですね。

資産額5位:森章(森トラスト)


画像元:http://diamond.jp/articles/-/58581

森トラストホールディングス社長の森章氏が5位で、資産額44億ドル(4900億)、世界順位385位です。

森トラストと言えば、丸の内トラストタワーや、東京汐留ビルディングなどの運営・管理をしている一流デベロッパーですね。(ちなみに六本木ヒルズや表参道ヒルズ、原宿ラフォーレなどを運営している森ビルとは、今は経営が分離されています。)

そのトップである森氏、実は2008年には同ランキングで日本人1位に輝いているいわば常連です…!富が富を呼ぶとはいえ、このレベルの資産を維持し続けるなんて、すごい。

 

それ以降の順位については、興味があればフォーブス世界億万長者ランキングを見てみてね。

>フォーブス世界長者番付・億万長者ランキング 2017年

Sponsored Link




資産家トップクラスは事業家が占めている

こう見ると、最も資産を持っている人は企業の社長など、事業家であることがわかります。

自身で事業を持ち、時価総額を高めることで自らの資産を倍増させる。

トップクラスの資産家はみんな、このようなプロセスで富を築いているようです。

彼らを真似て、「よし、じゃあ起業してIPOを狙おう!」…なんてことはさすがに難しいので、私たちとしては、こうした優良企業にせっせと投資して、資産を増やしてもらうのが得策ですね。

まとめ

以上、日本の億万長者トップ5でした。

今回調べたことで日本にも億万長者が結構いるとわかったけれど、一方でやっぱりアメリカの億万長者は資産の桁が違うってことも浮き彫りになりましたね。

フォーブスの世界ランキングによると、アメリカに続いてフランスやドイツ、中国、メキシコあたりも億万長者が多いです。

「億万長者が多いのは、その国の経済状況が反映されている」なんて見方もできると思います。人口や事業規模、文化などの面で、日本に比べてビジネス向きなのかもしれませんね。

日本人を調べたのに、投資をするならやはりアメリカを始めとした外国がいいかもな…!なんて、考えさせられました。笑

よろしければご参考までに。

それではー!

 

 

スポンサードリンク