勉強タイム!ということで、自分の復習の意味も込めて基本的な内容をこのような感じでまとめていきたいなーと思ってます。まぁいろんなサイトで既に説明されているわけなんですが、できるだけわかりやすく書いていく予定でございます。

てなわけで、今回はそもそも投資信託って?というところを書いていきたいなーと。

 

スポンサードリンク

お金の勉強をはじめるなら!無料の「お金の教養講座」開催中です。

 

関連記事



 

投資信託とは?

すごーく簡単に伝えると、自分のお金をプロに任せて運用してもらう金融商品のことです。

よく○○ファンド、というのを聞いたことがあるかもしれませんが、投資信託のことをファンドと言うことも多いです。

投資信託を買うことは、その分のお金をプロに預けるということです。

そしてプロは私たちから集めたお金を色々な方法で運用して、お金を増やします。(ここでいう色々な方法、というのが、株だったり債権だったり、不動産だったりする)
その増えたお金を、私たちに分配してくれるという仕組みになっています。

例…
・10万円を使って投資信託を購入
・プロがその10万円を使って(例えば株で)11万円に増やすことに成功。
購入者は9千円を受け取る
・残りの千円はプロへの手数料

大枠、イメージできたでしょうか。もちろん元本については、投資信託を解約すれば手元に現金として返ってきますし、増えた分のお金を受け取らず、その分でまた投資信託を買うこともできます。

プチ情報:投資信託とファンドの違い

投資信託は、「行政の監督を受けた投資信託委託業者によって厳正な管理の下で運営されている」ものという特徴があります。
ファンドという言葉には、行政監督外のものも含まれます。豚肉ファンド(資金を集めて豚を飼育して、将来売った利益を分配)、ワインファンド(葡萄を仕入れてワインを作り、その利益を分配)などは行政監督外のものです。

種類ってどんなものがあるの?

上記の説明でも記載したように、「色々な方法」の運用数だけ投資信託があります。ざっと調べただけでも8000本の銘柄があると言われています。(そんなあんのかよ…!って感じですね)

ただ、種類で分けると現在10種類に大別できます。

①国内債券型
②海外債券型
③国内株式型
④海外株式型
⑤国内リート型
⑥海外リート型
⑦バランス型
⑧コモディティ型
⑨通貨選択型
⑩毎月分配型

…多い!まぁ全部覚えなくて大丈夫です!実際筆者も後半よくわからんのありますし。

ここでは、
・株なのか債券なのか不動産なのか
・それぞれの組み合わせなのか
・それが海外のものなのか国内のものなのか、それぞれの組み合わせなのか

という具合で種類分けされてるんだな、という理解で大丈夫です。

投資信託のメリットはなんなん?

他の投資商品と比較したときのメリットですが、それは

少額から始められること
長期積立に適していること

だと思います。証券会社にもよりますが、最低500円から積立購入することができます。たかが500円?と思うかもしれませんが、「何もしていない」状態から、少額でも「投資をスタートした」状態に変わることって大きいことですよ。
自然と経済について興味を持ち始めるし、ハマってきたら額を上げれば済む話ですからね。(投資はじめると、経済に興味を持ち始めるのは、マジです。だまされたと思ってやってみてほしい!)

積立購入というのは、「毎月この日にいくら購入する」という設定で投資信託を定期的に買い続けることです。

株のトレードのように、一回取引で何万、何十万!というキャピタルゲインは得られないけれど、長期的に買い続けることで、普通の預金に比べて右肩上がりに増やすことができる、というのが投資信託の強みであり、魅力です。

※これは複利の素晴らしさがあって実現することなのですが、この辺は別記事にてどうぞ。

普通に定期預金でお金を貯めるのよりも、断然いいですよ!

Sponsored Link




コストとリスクは?

さて、ここまでなかなか良さそうな投資信託ですが、購入にあたってのコストや、保有のリスクはどうでしょうか。

コストですが、

①購入時手数料(販売手数料)
②運用管理費用(信託報酬)
③信託財産留保額

の3つがあります。

(めんどくさ!って気持ちわかりますよwでもそんな難しくないので、もうちょい辛抱してください><)

①購入手数料とは、文字通り購入するときの手数料です。手数料率は大体、購入価格の0〜3%です。これは証券会社によって異なります。ちなみに、大手証券会社に比べてネット証券は購入時手数料が低いです。私はネット証券で投資信託を購入しています。また、手数料が無料の「ノーロード投資信託」というものもあり、長期で買うならこれが一番良いと思います。

②運用管理費用とは、投資信託で運用してくれているプロに支払う費用です。保有している投資信託に対して、大体年0.05〜3%ほどかかってきます。
(上の例では5000円にしたけど、実際そんな高くないですw)
投資信託の中で、リスクの低いインデックスファンドと呼ばれるものは、運用管理費用が低い傾向があって、逆に積極的に利益を追求するアクティブファンドは少し高めの傾向があります。

③信託財産留保額というのは、投資信託を換金するときにかかる費用のことです。これはちょっとわかりづらいかもですが、投資信託は株とか債券を使って運用しているので、その換金には費用がかかります。
この費用を投資信託を持ち続ける、別の投資家に負担させるの不公平なので、信託財産留保額という形で費用を負担するという仕組みのことです。これは大体0〜0.5%かかります。が、留保額がかからない投資信託も多く、大して大きくない額なので、そこまで気にしなくても大丈夫だと思います。

まとめ

てなわけで、なんとなくご理解いただけたでしょうか?

専門用語がちょいちょい出てきたと思いますが、慣れてしまえばなんてことないですよ!
とにかくすぐに始められる投資商品なので、最初の一歩としても是非はじめてみてはいかがでしょうか。

是非一緒に投資生活楽しみましょう!

 

 

 

ではでは!

 

スポンサードリンク

 

関連記事