ちくしょう、転職だ!

…的な広告をよく見ますがw、「会社なんてクソだ!」といった広告が流行るのは、私たちが会社嫌いだからなのかもしれません。

 

毎日朝早く通勤し、8時間以上拘束され、周りへの気遣いが必要とされるのが会社という組織。「うちの会社にだけ隕石が落ちて、明日休みになればいいのに」とか、絶対1回は思ったことありますよね。笑

一般的に私たち(特に会社員や就活生)は、自分の会社を含め、あまり企業を好きじゃないよなぁと感じています。まぁ私もどっちかと言えばそうですし。

 

しかし!投資を始めたことによって、そういった企業についても感謝ができるようになってきました。

だって、企業が利益を出してくれるからこそ、我々投資家の資産が増えるわけだからね…!?

 

スポンサードリンク

お金の勉強をはじめるなら!無料の「お金の教養講座」開催中です。

 

関連記事



 

企業が頑張ってくれるからこそ経済は発展する

投資において経済成長とは何かというと、日々ニュースで流れている日経平均株価やTOPIXといった指標の伸びを指します。それらは日本の景気を示すものであり、言わずもがな企業の株価が上がることで、指標も伸びていきます。

<金融用語>日経平均株価とTOPIXの違いってなんだろう?
どうもこんにちは。最近は投資に関わる基本をまとめ直しておりますが、今回は日経平均株価とTOPIXの違いについてです。私自身、TOPIXに連動する投資信託を保有しており...

 

そして株価が上がるのは、もちろん企業が頑張って利益を高めてくれるおかげです。

企業の努力によって生産性は上がり、そのおかげで業績が向上して利益が確保される。そして好業績の企業が多くなれば、経済は発展し、日本全体はもっと豊かになっていく。

こうやって、企業の頑張りが結果として経済の発展に繋がるのですね。

Sponsored Link




投資家になると企業への見る目が変わる

では、そんな経済成長で大きな恩恵を受けるのは誰か。それは投資家です。

企業の株を持つ人はもちろん、投資信託で日本に投資している人などは、日本が豊かになればなるほど、資産の増加というかたちで恩恵が得られます。言い換えれば、投資家である私たちに、企業が一生懸命お金を運んできてくれるのですよ。

私だってしがない一個人投資家ですが、それでも毎年数%、額にすると数万~数十万の利益を企業の働きによって得られていますからね。

どうだろう。こう考えれば、企業に感謝できるようになってきませんか。

投資される側から、投資する側に回ろう

このように、私たちが頑張って働いた分のお金は投資家に分配されています。企業に所属し、あくせく働くだけでは、投資家のような恩恵は得られずに、これまで通り「会社なんて嫌いだー!」と叫ぶだけで終わりです。

企業からお金を運んでもらうため、従業員という「投資される側」だけでなく、「投資する側」になるべきなんですよね。

そうなれば、これまで感じていた会社へのイライラも、「自分にお金を運んでくれてありがとう」という感謝に変わるかもしれませんよ。

ではまた!

 

参考:投資を始めるなら

投資を始めるなら下記の証券会社がおすすめです。

・月々5,000円から始める長期投資:セゾン投信

・口座開設数ナンバーワン:SBI証券

・初心者でも気軽に始められる:マネックス証券

 

スポンサードリンク