さてさて。今回もまた唐突にスタートしますが、

「今の職場環境が自分にとってすごく居心地がいい!」

と思えている人ってどれくらいいるのだろうか。

そう思えている人はとても恵まれていますよね!素晴らしい!
職場の居心地、雰囲気って本当に大事だと思います。自分にとって良い環境がずっと続いてくれれば、、そう思うのは当然ですよね。

しかしながら、そんな状況から一変…こんなリスクって考えられませんか?

・部署異動で居心地のいい部署から離れることになった。
・仲の良いチームが解散になった。
・頼りがいのあった上司が異動になり、今までの良い雰囲気が一変してしまった。

などなど。上記はあくまで例ですが、会社の判断で今の環境がガラッと変わってしまうことはザラにあります。

そしてそれは、個人やチーム、部署という規模ではなく、『会社そのもの』にも起き得るのです。

ここでは、そんな事実とリスクを受け止めた上で、私たちがどんな備えをすべきかを書いていきますね。実際に私がみた企業の例を踏まえてお伝えします。

 

スポンサードリンク

 

関連記事



 

企業は変わる…組織改革というリスク

上記で述べた異動や解散というのは比較的起きやすい事象だと思います。読者の方には異動の経験がある方も少なくないですよね。

では、会社そのものが変わるというのはどんなときか?
それは、組織改革です。

トップや役員が変わったタイミングで通達が降りてきて、新しいことが始まったという経験はないでしょうか?

経営層が変わると、組織に変化を起こします。新しく経営に携わる場合、その人は自分の実績を作らないといけません。(でないと降格かクビになっちゃいますからね)

働く人にとってよい変化であればいいですが、逆であると大変です。それこそ評価制度、人事制度が変わってしまうこともありえます。いきなりトップが変わって、いきなり今の環境が一変する…。考えるとかなりのリスクですよね…。

実例:働きやすい会社が超実力主義の会社に

これは私が担当した企業の実例です。
その会社はもともと働きやすいと有名な会社で、転職希望者からも人気がありました。営業の人についても、目標はついているものの、行動評価を加味した判断のため、全体として給与も安定していて、バックオフィスや他の内勤の社員の待遇も良いという恵まれた環境でした。業績については数年間横ばい。良くもないですが、悪くもない財務状況です。

そんな中トップが変わり、売上を3年で150%にするという計画を打ち出しました。

高い目標を持つことは悪くないですが、ここで何をしたかというと、目標達成のための体質作りということで、評価制度を完全実力主義にしたのです。待遇も一定水準以上は出来高制になりました。それによって以前に比べて社内が殺伐となったのは、言うまでもないですね。

企業が変わると人が動く

そんな殺伐とした雰囲気が原因で、営業の社員は勿論、スタッフ系の社員も多く転職をしていきました。最終的に落ち着いたんですが、離職率は以前に比べて大分高まってしまいました。制度が変わると環境が変わり雰囲気が変わり、人が変わるってことですね。

どうでしょうか。実際に起きた例を聞くと怖くないですか…?

見えないところで変化は常に起きている

「まぁそういう会社もあるかもだけど、うちは大丈夫っしょ!」

と思ったアナタ!
もしかしたら表面上に現れていないだけで、もしかしたら変化の波がじわじわと迫ってきているかもしれません

業績が悪いとき、業界の調子が悪いとき…実は買収や身売りの話が水面下で進んでいるかもしれません。。

Sponsored Link




私たちができる備え

会社が変わったとき、これまで心地よかった環境が、居心地悪い環境になってしまうかもしれません。そんなとき、何もできないと会社に合わせるしかなく、ストレスフルで辛い思いをするしかなくなってしまうかも。

そうなってから後悔しないためにも、今のうちから備えておいたほうがいいよね!っていうのが私の考えです。

「転職活動を今のうちからしとくの?」ってことではなく、会社に依存しなくても済むマインドと状況を少しずつ作っておくことが大切だと思っています。まぁいつも伝えていることで恐縮なのですが、下記のような感じですね。

金銭的な備え

仮に職場を離れたとしても、もしくは収入が下がっても補える不労所得や資産。
あるとないでは全然違いますよね。これがあれば、多少年収が下がっても、自分に合う会社に躊躇なく移ることができます。

<資産形成>投資はいいぞ!私が投資好きな3つの理由
「投資って難しそう。。」思います。ええ、思いますよね。安心してください、私もです。 しかし一度始めたら、みるみるうちにハマっていきまして、今や口座残高と...

キャリアの備え(転職できる市場価値をつけておく)

今の会社が嫌になったとき、希望の職場に移ることができるスキルや知識。
自分に合わないなら、合う環境を探せばいいのです。他社から欲しがられるスキルを持っておくと安心ですね。

セカンドビジネスの備え(副業など)

本業以外での収入。
サラリーマン収入がなくなっても、もう1本柱があるぜ!ってなったら強いですよね。

理想的にはこの3つを揃えておきたいところです。

まとめ

『会社は変わる』というリスクについてイメージ頂けたでしょうか?勿論今すぐ起きることではないと思いますが、この時代何がいつ起きるかおかしくありません。

自分の身は自分で守る。

わかってはいるものの、なかなか実践って難しいですよね。
でもこんな時代だからこそ、いまのうちに準備できることはしておきましょう!

ではではー!

 

スポンサードリンク

 

関連記事