どうもです!

このブログではこれからの未来のためにパラレルキャリアや副業を勧めていて、そのための考え方やツールを紹介しています。

<働き方>ワークライフバランス×パラレルキャリアという働き方が戦略的に最強だと思う
横文字ばかりのタイトルになってしまいましたが…。笑会社で仕事をする中で「どう働くのが一番幸せなんだろう」なんて話題がたまに挙がります。私の会社は仕事人間が多く...

 

<副業のやり方>趣味を活かそう!文章や情報、音楽、写真などを売るwebサービスまとめ
はい、こんにちは。これからの時代、終身雇用はなくなり、年金制度も期待できない。だったら自分たちでなんとかせねば!というわけで、個人的に本業と併せて投資やセカ...

 

とはいえ、なかなか自分に合うスモールビジネスって思い付かない!という悩みもあると思います。(自分もこうやってメディア運営したり、相談サービスを始めるに至るまでは長年モヤモヤしていたので。。)

そこで、どんなスモールビジネスを持つべきか?というアイデア探しの方法について、今回はまとめてみましたよ。

シンプルな方法ではあるのだけど、アイデアのための切り口になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

 

関連記事

 

一般的なビジネスアイデアの考え方

さて、一般的にビジネスをはじめるときは、よく「顧客ニーズから考えよ」と言われます。顧客はどんな悩みがあるのか?何を求めているのか?と考えていくわけですね。

ニーズを考えてターゲットを設定し、自分(自社)の強みをどう活かせるかを検討する。

ビジネスは顧客あってのものなので、もちろん正しいやり方ではあるのだけど、楽しくビジネスを作る!という意味では、自分の強みや好きなことを先に見つけ、そのあとニーズに合わせていく方法がおすすめです。

自分とは縁遠い誰かのニーズを考えるより、自分起点で考えた方がモチベーションはきっと上がるはずですよ。

ちなみに、「自分だったら欲しいな」と思うものを見つけるやり方もアリです。自分が求めているものなら、少なくとも世界に1人ニーズがあることは確定しています。1人のニーズがあれば、大抵は一定数いるものですからね。

自分の好きなことから考える

では、自分の好きなことからビジネスになりそうなものを探していきましょう。好きと言っても色々あると思うので、下記のような切り口で考えてみてください。

コレクションしているもの

まずは自分がコレクションしているものから考える方法です。

本や漫画、洋服、靴、化粧品、香水、フィギュア、雑貨、などなど。コレクションしてしまうくらい好きということであれば、それに関連する仕事は副業の候補になり得ます。ちなみにジャンルがニッチであればあるほど特徴的になるので、1つの種類を深堀っていくのもおもしろいと思います。

もともと植物が好きでコレクションしていて、その好きが高じて植物を販売するビジネスをスタートした、なんて例も実際にありますからね。

頻繁にやっていること

自分が日常的にやっていることもヒントになります。

例えば、筋トレやスポーツ、料理、旅行などでしょうか。料理教室を開いたり、個人向けの海外旅行のプランニングなんてビジネスも、面白そうですよね。

時間を忘れて取り組んでしまうもの

着手すると夢中になってしまうものはありませんか。

絵を書き出すと夢中になって時間を忘れてしまう、お気に入りのゲームならいくらやっても疲れないなど、時間を忘れるくらいに取り組めるものを思い浮かべてみてください。

私もこのあたりがヒントでブログを始めたのですが、文章を考えたり書いたりしていると、いつの間にか数時間経っていた!なんてことが、これまで何度もあったのですよね。それで、自分には向いてそうだなと思えて始めたわけです。

仕事の中で積極的に動けるもの

本業やアルバイトで、自分から積極的にやりたい!という業務は何か、という切り口です。

文章作成、Excel、他部署との連携、顧客の相談に乗ること、プログラミングなど、これなら積極的にやってるぞという仕事を考えてみる。自分が積極的に動けるなら、それは適性に合った業務なのでそのまま副業になり得ます。

好きな業務だけ切り取って副業として顧客に提供するというのは、シンプルだけど有効な方法ですよ。

純粋に楽しいと感じる時間や物事

いつもの生活を全体的に思い出してみて、なんとなく好きなもの、楽しい時間などはないでしょうか。

雨の音が好き、自然に囲まれていると癒される、みんなで集まってイベントをするのが楽しい、など。ふとした好きな瞬間でもOKです。

実際に、喧騒な都会から離れて自然と戯れるための合宿所プログラムを企画販売したり、瞑想をレクチャーするなど、人が癒されたり楽しいと思える空間、雰囲気を提供するビジネスも成立しています。

Sponsored Link




自分の強みから考える

さて次は、自分の強みから探す方法です。

苦痛じゃない作業

仕事や日常の中で、他人は嫌がるのに自分は苦痛じゃない作業は何でしょう。

掃除、洗濯、皿洗いなどでもいいし、仕事で言えば事務作業や人付き合いなど、色々出てきませんか。他人が苦痛と思うけれど自分は平気というものなら、それが仕事になる可能性は高いです。

他の人と比べて少しでも詳しいもの

周りの人より詳しいことを挙げてみてください。

なにも専門家並みに詳しくなる必要はありません。ちょっとでも人より詳しければ、誰かにとっては有益な状態を持っていることになります。

その分野における知識をもう少しつけてから提供すれば、対価をもらうことたってできそうです。

周りから頼られることをピックアップする

実際に他の人から頼られることを探してみます。

PCについて頼られる、お金のことをよく相談される、おすすめの本をよく訪ねられる、とかね。頼られるってことは既に強みなわけなので、上記同様、そのまますぐにビジネスに繋げられるかもしれません。

まとめ

好きなこと、自分の強みについて、いくつか思い浮かべられましたかね。1つもない!ってことは絶対にないはずなので、上記切り口でぜひリストアップしてみてください。

好きなことや強みがわかれば、あとはそれをどうビジネスにするのかを決めていくのみです。

・具体的にどんな商品にするのか
…雑貨が好きなら、どんな雑貨を作る?もしくは雑貨店のアドバイザーなど、無形のものにする?

・価格設定はどうするのか
…作った雑貨をいくらで販売する?

・どこでどうやって提供するのか
…ネットで販売?フリーマーケットで売る?どこか場所を借りる?

・どのように知ってもらうのか(販促)
…SNS?ブログ?知人?口コミ?

 

こんな感じで、各工程を考えていけばOKです。1つずつゆっくり決めていけば、意外にできそうな気がしてきませんか!?

今回はアイデアのヒントについてまとめてみましたが、販路や価格など、他の要素についても今後記事にできればと思いますよ。

ではまた!

 

 

スポンサードリンク