どうもですー。

引き続き、メンタリストDAIGOさんのニコニコ動画を継続して観ています。

1つの動画は大体1時間で結構なボリュームなのだけど、お風呂の時間や筋トレの時間を活用して、一緒に観ていますね。毎回情報が濃いので楽しみながら情報のインプットができておりますよ。

<心理学>本気でおすすめ。心理学を勉強するならメンタリストDaiGoに学ぶべし
先日ふと観たこちらのYouTube動画。ホリエモンVSメンタリストDaiGoのババ抜き対決。https://www.youtube.com/watch?v=N7NIw50GFN8 有名なので、既に観たことある!...

 

さて、そんなDAIGO放送(うちではこう呼んでますw)でこのあいだ知った、時間とお金の話がおもしろかったのでご紹介です。

簡単にまとめると、いくらお金を稼いでも、自由な時間を得ないことには幸福度は上がらないよ!というお話。

 

スポンサードリンク

お金の勉強をはじめるなら!無料の「お金の教養講座」開催中です。

 

関連記事

 

人間はお金よりも自由な時間がある方が幸福度が高い

以前「幸福度を高める方法」でも紹介しましたが、人間はお金だけにとらわれないことが幸せになる方法の1つです。

<ライフハック>心理学的に幸福度・幸福感を高めるための3つの方法
どうもです!今回は心理学系のお話で、幸福度・幸福感を高めるための方法をご紹介したいと思います。ちょっと大きなテーマだけれど、私たちが生きる目的の1つはきっと幸...

 

ここでさらに付け加えると、お金を得るよりも自分の自由な時間を増やすほうが幸福度は上がることがわかっているそうです。 

例えば仮に年収がウン千万円あったとしても、毎日時間に追われて休みもない生活を強いられていたら、幸福度は高まりせん。現にコンサルティングファームや広告代理店など、稼ぎが良いとされる職業でも退職者が多いのは、激務さによって幸せを感じられないことが理由の1つと言えそうです。

転職を検討中で「激務でも稼げれば良い」なんて考えている人は、もう一度方向性を考え直したほうがいいかもしれませんよ!

年収1000万超のビジネスマンと会って幸せとは何かについて考えさせられた話
サラリーマンの憧れである大台、年収1,000万。 自分は仕事柄色々な人と会うのですが、先日年収1,000万を稼ぐ優秀なビジネスマンの方と話す機会がありました。しか...

お金持ちでも、うまくお金を使えていない人が多い

お金よりも自由な時間のほうが幸福度が高まるため、どうせお金を使うなら自由な時間を増やすことに使ったほうが良いことがわかりますね。

しかしながら、本来自由な時間を得ることができるお金持ちであっても、うまくお金を使えているかと言うと意外とそんなことはありません。

ノーベル経済学賞受賞者であるダニエル・カーネマンの研究によると、「お金持ちは高い買い物や仕事、プレッシャーが高いことにお金を使う傾向があり、より幸福度が上がるような自由な時間を得るためにお金が使えていない」ということが判明したそうです。

幸福度をあげてくれる時間というものにお金を使わず、その他のものに消費・浪費をしてしまっている…、つまりお金持ちでも心理学的には「下手な買い物」をしてしまっているということです。

特にプレッシャーが高いこと(リスク事業やリスク金融商品とかかな?)にお金を使うなんてストレスになりそうだし、せっかくお金があって自由な生活ができるのに、もったいないですよね。。

<ライフハック>うまく使いこなそう!知っておきたい買い物の心理学
はい、どうもです。今回は買い物の心理学と題して、私たちが買い物をするときに影響されてしまう心理効果について紹介したいと思います。普段の買い物って、結構直感的...

Sponsored Link




自由を買うためにお金を使うべし

DAIGOさんの説明によると「人間が幸せになる唯一にして最強の方法は自分の時間を増やすこと」です。

つまり、同じお金を使うなら高価な時計やブランド品を買うよりも、自分の自由な時間を増やすことに使うことが正しい戦略となります。

例えば、掃除の時間をまるまる浮かせてくれるルンバを買ったり、皿洗いの手間を省く食器洗い機などを買ったりして、自分が無駄だと感じている時間をなくすことが幸福度を高めるコツとなります。

しかしここで注意したいのが、時短製品にお金を使うのは逆効果になりえるという点。

例えば朝ごはんを10秒で済ませるゼリー食品や、タイムマネジメントしてくれる時短アプリなどは、心理的な焦りを生み、むしろ時間に追われる感覚になってしまうのだとか。

お金を使うなら時短製品ではなく、それがあることで無駄な作業自体をなくしてくれるものを買いましょう。

まとめ

お金はもちろん大事ですが、それよりも自分の自由な時間を増やすことのほうが幸せにつながるというわけですね。

ちょっと難しいのは、ただ時間があるだけでなく、自分の好きなことを自由に行える時間があることが理想なので、そういう意味ではやっぱりある程度のお金は必要かもですね。だからこそ私は運用して資産を増やそうとしているわけなので。

<雑記>経済的自由を目指す理由とそのためのスタンスについて
どうもです。今回は経済的自由を目指す理由やスタンスについて書いております。なぜ自分がいま投資や副収入の取り組みをしているのか、という根幹にもなってくると思う...

 

まぁお金がなくても楽しめるようになれれば、忙しく働いて稼ぐよりも、最低限のお金だけ稼いで自由な時間を優先したライフスタイルを選ぶのもありかと思っています。

お金のための仕事をしたくないなら、お金をかけず楽しむ方法を見つけよう
お金がないと幸せになれない…。この思考が我々をどれだけ支配しているだろう。私たちの周りには楽しいものや美味しいものなどの誘惑がたくさんあります。そして昔からの...

 

お金だけにとらわれず、いかに自由な時間を持てるか。この観点を大事に生活していきたいところですね!

 

 

スポンサードリンク

 

関連記事