どうもです!

ハワイ…いいですよねぇ。カラッとした気候に綺麗な景色、美味しい料理。昨年旅行に行ってからすっかり虜になり、もう毎年行きたいくらいです。

 

想像するだけで楽しいハワイですが、旅行するにはもちろん旅費が必要。毎年行くとなるとなかなかにお金がかかってきます。少しでも安く抑えたい!と思うのは当然ですね。

そんな旅費の問題について、もしもハワイ旅行が数万円程度でできるとしたらどうだろうか。

いや、旅費がそんなに安くなるなんてあるわけないよ!と思うかもしれませんが、実はやり方によっては叶えられるのですよ。今回提案したいのは、投資によってお金に働いてもらい、旅費分を捻出しちゃおう!というお話です。

実際、私は1年間で旅費分をまかなうほどの利益を出すことができておりますよ!

 

スポンサードリンク

お金の勉強をはじめるなら!無料の「お金の教養講座」開催中です。

 

関連記事



 

ハワイの旅費はいくらくらい?

まずはハワイ旅行の費用について。

時期によって高い安いはあると思いますが、調べてみると平均的なハワイ旅行の予算は4~5泊で30万程度、安いとき~高いときで15万~50万程度と言われているようです。

余談ですが、一般的にハワイ旅行が安くなる時期は4月の春休み明けから、ゴールデンウィーク前まで、そしてゴールデンウィーク明け直後から7月中旬の夏休みが始まる前までらしい。私は11月に行ったのだけど、それでもまぁまぁ安かったので、いわゆるシーズンを外せばそれなりに安くなるのだね。

投資の利回りで旅費を補うには

さて、これらの資金をどうやって投資でまかなうか。一口に投資といっても色々ありますが、ここでは投資信託をおすすめしたい

投資信託とは簡単に言うと、プロの投資家にお金を預けて運用してもらい、その利益を受け取るという金融商品のこと。(当ブログの読者にとっては、お馴染みのものですね)

<資産形成>さぁお金を増やそう!投資信託積立で資産運用をスタートさせる方法まとめ
投資を初めてもうすぐ2年が経とうとしています。まだまだ運用益は微々たるものだけど、この違いが数十年後に大きな差になって返ってくるはず。これからもせっせと運用し...

 

銘柄にもよりますが、投資信託での平均的なリターンは3~5%程度、優秀なものであれば8~10%程度のリターンも期待できます。

仮に5%の利回りが得られる投資信託を購入するとしたら、300万円分保有すれば、その投資信託は1年後315万円になります。つまり、何もしなくても安い時期のハワイ旅行分くらいの金額が生み出されるというわけです。

ちなみにうちの場合、この1年間で約300万円(偶然例と同じ額w)を投資信託で運用していましたが、その利益は218,100円でした。(利回りで言うと7.27%、これは使わずにさらに投資に回します。)

 

また、もしまとまったお金がなくても、毎月積立投資をして資金を作ることも可能です。

例えば毎月3万円ずつ旅行資金として積立投資をすると、通常は3万円×12ヶ月=360,000円の積立になりますが、もし利回り5%の投資信託で毎月積立をすれば、369,700円(9700円のプラス!)となるんです。

繰り返しになりますが、これらの利益はお金に働いてもらって得るものなので、投資信託を購入した後は特別なことは不要です。全てをまかなえなくてもある程度の足しができれば、資金調達がだいぶ楽になるはず。毎年ハワイ旅行を計画することもきっと夢じゃなくなってくるよね。

Sponsored Link




危険な投資はしない。あくまで旅費を捻出するための安全な方法を

投資というと多くの人は株やFXなど、リスクが高いものを思い浮かべます。でも、株やFXはプロでも失敗するという難易度が高い投資。私たちが想像しがちな、資金が2倍になったり、簡単に何百万円も稼げる投資は残念ながら素人には不可能です。

だからこそ、賢く着実に運用するため、初心者でもわかりやすい投資信託が良いと思います。

ただし、投資である以上リスクはつきもの。もちろん元本がマイナスになることもありえますが、そうなるかどうかは銘柄の選び方次第です。リスクが低く比較的な安全なものを選べば、ただ銀行で積み立てるよりもかなりお得になるはずですよ。

投資信託の選び方について、もし興味があればこちらの記事も見てみてね。

投資信託の基本的な選び方をまとめてみました
今回は久しぶりに投資信託のお話をしたいなと思います。私についてですが、引き続き投資信託を毎月買い続けておりますよ。このブログでも「みなさん投資しよう!」と提...

まとめ

以上、投資でハワイ旅行資金を調達する考え方のご紹介でした。(お気づきかと思いますが、もちろんハワイ以外の旅行先でもOKですよ。笑)

投資って、老後のためとか、お金持ちのためみたいなイメージがあるけど、こんな風に身近なところでも十分有効なんですよ。

上に書いたように、投資である以上は単年でプラスにならないこともあるのだけど、ただ銀行に預けておくだけでは勿体ない!という感覚はわかってもらえたのではないかな。旅行の資金作りから投資を始めてみて、本格的に資産づくりに着手する、なんて流れもありかもですね。

<資産形成>経済的自由のためには早くから「元手資産」作りに励むべき
お金が生み出される仕組みがあったら、嬉しいよね! 投資の目的が資産形成であることは間違いないですが、その資産形成の目的は人それぞれ。老後の生活資金のため...

 

こういう知識って知っているのと知らないのでは、長い目で見て大きく差が出てきます。お金に働いてもらい、少しでも自分の負担をなくしていきたいところ。そんな不労所得を使って、安く旅行を楽しみましょう!

では!

 

 

スポンサードリンク